• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

6

コミュニティ活性化プラットホーム「fever」運営のAsobica、本田圭佑氏のKSK Angel Fund等から第三者割当増資を実施

  • 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

コミュニティ活性化プラットフォーム「fever」を提供する株式会社Asobica(本社:東京都品川区、代表取締役:今田孝哉)は、本田圭佑氏が代表を務めるKSK Angel Fund、及び複数の個人投資家等を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。

feverは、世界中のコミュニティをエンパワーメントすることをテーマに、2018年4月にサービスを開始したコミュニティ活性化プラットホームである。
特徴はコミュニティが独自のコインを発行し、経済圏を作っていける点で、コインはメンバー間での送り合いや、コミュニティ内で提供されるサービスへの決済に活用することができる。

Asobicaは今回の第三者割当増資を受け、今後は開発・マーケティング・採用を更に強化していき、年内には法人向けに特化したコミュニティ運営プラットホーム「fever for business」の提供も本格的に開始する予定と発表した。

  • 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy