• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

グローウィン・パートナーズ、コンテンツマネジメント事業のダブルエルに出資

  • 0
  • feedy

グローウィン・パートナーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:佐野 哲哉)が運営するファンドから、コンテンツマネジメント事業を展開している株式会社ダブルエル(本社:東京都品川区、代表取締役社長:保手濱 彰人)に対して出資したことを発表した。

ダブルエル社は、「コンテンツの力で、寛容に認め合える社会を創る。」をミッションに、ジャパンコンテンツをマネタイズするグローバルプラットフォームの構築に取り組んでいるベンチャー企業である。

具体的には、アニメ制作、グッズ制作、ゲーム開発、作家アート作品など、コンテンツに関わるサプライチェーンを網羅し、IP事業化のワンストップサービスを実現している。

グローウィン・パートナーズは、上場企業・有名企業の経営参謀として、多くのM&Aや管理体制整備のプロジェクトに関与しており、投資先の経営参謀として、ビジネスモデルの構築や資本政策サポート、ガバナンス体制の整備、人材の紹介、取引先のマッチングなど、あらゆる面で企業の成長をサポートできることを強みとしている。

グローウィン・パートナーズは、これらの強みを活かし、本ファンドを通じてダブルエル社の更なる成長を支援していく。