• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

スマホアプリ向けキャラクタースタンプ制作のクオン、約4億円の資金調達を実施

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社クオン(本社:東京都渋谷区代表取締役社長:水野和寛)は、ニッセイ・キャピタル株式会社、ABCドリームベンチャーズ株式会社、株式会社オー・エル・エム・ベンチャーズ、みずほキャピタル株式会社、SMBCベンチャーキャピタル株式会社、一般社団法人CiP協議会の6社(及び団体)を引受先とする第三者割当増資及び、三井住友銀行及びみずほ銀行からの融資で約4億円の資金調達を実施したことを発表した。

クオンは、インターネット発のキャラクター会社で、2015年頃から全世界のチャットアプリと提携し、LINE、KakaoTalk、Facebook、WeChat、Zalo、Hike、Kik Messenger等でスタンプを展開し、累計ダウンロード数は、26億件、累計送信回数は240億回を超えている。

LINE、KakaoTalkなどでの有料スタンプでの売上に加えて、スタンプで人気の出たキャラクターのライセンス展開をグローバルで本格的に開始しており、中国、タイには既に子会社を設立。韓国・台湾・香港でも現地のキャラクターエージェンシーと契約し、アジア地域でのグッズ、ポップアップストア、プロモーションコラボを行なっている。

今回の調達資金では、下記について補強・増強する予定である。
・キャラクターのライセンス営業組織を構築し、国内外企業とのクオンキャラクターコラボレーション案件や、キャラクターやスタンプの共同開発案件に対応する。
・海外子会社のマーケティング、営業組織の補強、及び海外のキャラクターライセンスエージェントとの提携の強化。
・新規のキャラクター開発を行なう。特にVTuber、ブロックチェーンなどの新規ネットメディア/テクノロジー向けのキャラクター開発に注力する。
・クオンキャラクターのアニメ・映像作品化(協業、製作委員会等)を促進する。

累計資金調達額は、今回の資金調達を含めて、約8億円となる。