• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

飲食店向け決済アプリ「PICKS」運営のDIRIGIO、7000万円の資金調達を実施

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

飲食店向けテイクアウト送客・事前注文・事前決済アプリ「PICKS」の運営元である株式会社DIRIGIO(所在地:神奈川県横浜市、代表取締役CEO:本多 祐樹)は、iSGSインベストメントワークスおよび著名エンジェル投資家を引受先とした第三者割当増資を含む総額7000万円の資金調達を実施したことを発表した。

PICKSは、テイクアウト料理を事前注文・決済することができるサービスで、待ち時間なく、キャッシュレスで出来たての料理を受け取ることができる。

海外ではモバイルオーダー&ペイといわれスターバックスやマクドナルドをはじめとして急速に規模を拡大している。

昨年5月のサービス開始からパートナー店舗は増加し続けており、約175店舗で導入されている。

今回のラウンドに参加したのは既存投資家である西川順氏、KlabVenturePartners2社に加えて、iSGS、赤坂優氏、有安伸宏氏、Japan Angel Fundである。

DIRIGIOは、実務経験を持つ投資家を迎えることで、さらなるスケールアップに向けた組織体制、運営体制の確立。軽減税率に導入による外食と中食の価格の違いをはじめとして、中食への大きな風が吹く中でテイクアウトプラットフォームしてさらなるスケールアップを行うために活用していく。