• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

3

岡三キャピタルパートナーズ、位置情報データ解析プラットフォーム展開のクロスロケーションズに出資

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

岡三キャピタルパートナーズ株式会社(所在地:東京都中央区、代表者:取締役社長 高松重之)は、同社が運営するファンドを通じて、位置情報データ解析・活用プラットフォームの開発・提供事業を行うクロスロケーションズ株式会社(所在地:東京都渋谷区、代表者:代表取締役 小尾一介)に対して出資したことを発表した。

クロスロケーションズは、位置情報データ解析プラットフォーム事業を展開するNear Pte.Ltd.(本社:シンガポール)の日本地域における事業を引き継ぎ、より日本市場に適合したサービスの提供を目的として、2018年1月より事業を開始し、広範で多様な位置情報データ等のビッグデータをAIによって解析し、誰でも活用できるプラットフォームの構築を進めるベンチャー企業である。

岡三キャピタルパートナーズでは、クロスロケーションズのサービスの先進性に注目するとともに、今後市場への導入が進むことでさらに大きな成長が見込まれると判断し、クロスロケーションズが実施する第三者割当に応じ、株式を取得するに至った。

今回の出資を機会に、クロスロケーションズのロケーションAIプラットフォーム™とフィンテックの融合を視野に入れ、クロスロケーションズと岡三証券グループとの協業の可能性についても検討していく。