• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

東大発サイバーセキュリティスタートアップのFlattが藤田ファンド、ディノス・セシール、名村卓氏より2億円強の資金調達を実施

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

サイバーセキュリティ事業を展開する株式会社Flatt(本社:東京都文京区、代表取締役社長:井手康貴)は、この度新たに株式会社サイバーエージェント(東京都渋谷区、代表取締役社長:藤田 晋)及び株式会社ディノス・セシール(東京都中野区、代表取締役:石川順一)及び株式会社メルカリCTO名村卓氏を引受先とする第三者割当増資による約2.2億円の資金調達を実施した。また、名村氏は技術顧問に就任した。

Flattについて

株式会社Flattはサイバーセキュリティ事業を展開する東大発スタートアップ企業で、Webアプリケーションなどをホワイトハッカーが攻撃・診断する脆弱性診断事業の展開と新規セキュリティプロダクトの開発を行なっている。この度一層プロダクト開発や人・R&Dへの投資を加速させるべく資金調達を実施した。

第三者割当増資と名村氏の技術顧問就任について

株式会社Flattは、株式会社サイバーエージェント及び株式会社ディノス・セシール及び株式会社メルカリCTO名村卓氏を引受先とする第三者割当増資により約2.2億円の資金調達を実施した。詳細な金額や個別の金額、払込日に関しては非公開となっている。

また、技術・組織面でのサポートをいただくべく名村氏が技術顧問に就任した。

調達資金の用途および今後の展開

今回調達した資金でプロダクト開発・マーケティングをさらに加速させるだけでなく、セキュリティ業界を技術的にリードできるような人・R&Dへの投資も両輪で積極的に行なっていく方針だ。

現在クローズドβ版で検証中のプロダクトの詳細に関しては後日公開予定だと言う。