• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

スマートニュース、米国事業の加速のため、日本郵政キャピタルをリード投資家として31億円を資金調達

  • 0
  • feedy

スマートニュース株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:鈴木 健、以下当社)は、アメリカ市場での急成長のさらなる加速のため、日本郵政キャピタルをリード投資家として、総額31億円の資金調達を行った。

同社の米国事業は、ユーザー数で前年比5倍以上と、米国で最も早く成長しているニュースアプリとなり、日米合算で2000万人の月間アクティブユーザーの方に利用していただいている。第三者機関であるトラフィック解析サービスのParse.lyからも、2018年12月時点で、英語圏におけるメディアへの送客元としてyahoo.comを抜いて第10位にランクインしたと発表された(*1)。

こうしたアメリカ市場での急成長をさらに加速するため、日本郵政キャピタルをリード投資家としたシリーズEラウンドとして、総額31億円の資金調達を行った。今回の調達も含めた当社の累計調達額は122億円となる。調達した資金は、グローバル開発体制を構築するために投資する予定だ。

グローバルな開発体制を推進するため、当社は久夛良木 健を社外取締役として招聘し、Facebook News Feedのインフラ責任者を務めたYoulin Liが、当社のVice President of Engineering, Backend System and Foundationとして5月から参画している(*2)。また、東京、サンフランシスコ、ニューヨークの既存3拠点に加え、シリコンバレーの中心地でスタンフォード大学の門前町でもあるパロアルト、アジア技術開発センターとして福岡、上海と、新たに3つの技術開発拠点を開設しており、エンジニアおよびプロダクトマネージャ、データサイエンティスト等の採用を強化していると言う。

*1 Parse.lyの発表
https://blog.parse.ly/post/8225/december-2018-referral-traffic-trends-google-discover-googleapis/

*2 Youlin Liのミッションについてのインタビュー記事
https://q.smartnews.com/entry/2019/07/26/180000