• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

シフト管理のSaaSサービスを運営する株式会社クロスビットは株式会社きちりホールディングスと業務提携を開始

  • feedy

利益率向上や働き方改革まで繋げるシフト管理SaaSサービスの「らくしふ」を提供する株式会社クロスビットは、株式会社きちりホールディングス(本社:大阪市中央区安土町二丁目3番13号、代表取締役社長CEO兼COO:平川 昌紀、以下「きちり」)との間で、両社の更なる企業価値向上を企図して、クロスビットが提供する「らくしふ」の開発・販売に関する業務提携を開始する。

■提携の背景

クロスビットはHR×SaaSサービスとして、人材リソースの最適配分に資する事業の展開を志向し、LINEを活用したSaaS×Marketplace型のシフト管理ツール「らくしふ」を開発し、人口減少、少子高齢化(生産年齢人口減)が進む経済環境下において先進的なSolutionロールモデルを展開している。

一方、きちりはFood Tech(フードテック)として、食を中心に生まれるHospitalityの提案・提供をコアコンピタンスとした事業を運営する企業グループである。中核事業会社である株式会社KICHIRIにおいては自社ブランドレストランの直営展開、国内外でのフランチャイズ/ライセンス展開を行い、また、これまで培ってきた外食事業のノウハウを活かし、「KICHIRIプラットフォーム」を活用した他社との連携・業態開発を行っている。また、ブランドホルダー企業とのJV展開、大手小売事業者とのグローサラント業態の展開、コーポレートベンチャーキャピタルを通じたITベンチャー企業とのオープンイノベーションを実現するなど、事業の多角化を進めている。

今回の業務提携は、外食事業運営に精通するきちりとシフト管理ツール「らくしふ」を運用するクロスビットが相互に協力し合いながら理解を深め、両社の経営資源を有機的に活用することで、「らくしふ」の利便性向上、先進的機能の開発が実現されるものと考え、両社の企業価値向上を目的としている。

■今後の展開

「働き方改革」の実現に向けてHRテクノロジーへの期待が高まる中、「らくしふ」は従業員のシフト管理等の業務効率化だけでなく、シフトデータを活用して採用費の削減や人件費の最適化、従業員定着の向上等による利益率の向上まで目指して運用しており、様々な成功事例が生まれてきている。今後は、両社の連携で上記のような事例の創出をさらに生み出していく予定である。

■「らくしふ」について

「らくしふ」は、LINEを用いて、シフト管理効率化から利益率向上まで繋げるシフト管理ツールである。導入店舗数は4000店舗以上を突破しており、シフト管理業務の90%以上の削減や、他店舗間のヘルプ機能の活用による数百万円分のリソースの創出など、様々な成功事例が生まれている。

https://rakushifu.jp