• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

5

東大発ベンチャーXenoma、総額2億円の資金調達を実施

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

スマートアパレルe-skinを展開する株式会社Xenoma(本社:東京都大田区、代表取締役CEO 網盛一郎)は、東京大学協創プラットフォーム開発と既存投資家であるBeyond Next Venturesが運営するファンド、ならびに国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)を引受先とする総額2億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

e-skinはまるで普通の服のような着心地のIoT衣服=次世代スマートアパレルである。Xenomaは自由に変形・伸縮する世界初の布状電子回路基板Printed Circuit Fabric(PCF)を開発し、従来の布に形成した配線やセンサーに高い引張耐久性と洗濯適性を付与する技術を確立した。このPCFを活用したe-skinによって、いつでもどこでも着るだけで人の情報をモニタリングすることができるようになり、将来的には人の生体情報ビッグデータから予防医療や安心・安全な社会の実現に貢献することを目指している。

今回の資金調達を通じて、プロトタイピングから量産までの一貫した開発力を生かし、様々なセンサーを搭載したカスタマイズe-skinの法人向け受託開発に対応するための体制を強化する。さらに、2019年をターゲットに一般コンシューマにリーズナブルな価格で提供するための新しい生産技術開発を推進し、e-skinを世界中の人々に提供する基盤づくりを行っていく。

<Xenomaについて>
東京大学・染谷研究室/JST ERATO染谷生体調和プロジェクトからのスピンオフとして2015年11月に設立した。
人の動きをモニタリング・認識するe-skin Developer’s Kitは、NEDO STS助成を受けて開発され、2017年1月にCES 2017 Innovation Awardsを受賞し、同年2月より法人向けに販売を開始した。また、同年9月には個人向けに米クラウドファンディングKickstarterキャンペーンをローンチし、目標額($50,000)を超える支援を受けた。

<引受先概要>

東京大学協創プラットフォーム開発株式会社
本社:東京都文京区本郷3-40-10 三翔ビル本郷6階
代表取締役:大泉克彦

Beyond Next Ventures株式会社
本社:東京都中央区日本橋本町1-4-3 日本橋ムロホンビル1
代表取締役社長:伊藤毅

国立研究開発法人科学技術振興機構(JST)
本部:埼玉県川口市本町4-1-8 川口センタービル
理事長:濵口道成

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy