• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

7

サイボーグ技術の実用化を目指すMELTIN、シリーズBラウンドで20.2億円を調達

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

サイボーグ技術の実用化を目指す株式会社メルティンMMI(本社:東京都新宿区、代表取締役:粕谷 昌宏)は、大日本住友製薬株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長: 野村 博)、SBIインベストメント株式会社(本社:東京都港区、代表取締役執行役員社長:川島 克哉)、第一生命保険株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:稲垣 精二)を割当先とする第三者割当増資を実施し、総額20.2億円を調達した事を発表した。

調達資金により、実用型アバターロボットと医療機器の開発を加速する。
MELTINはこれまで、コア技術の「サイボーグ技術」を活用したアバターロボットのコンセプトモデル「MELTANT-α」及び医療機器を開発すると共に、積極的なマーケティング活動を実施してきた。その結果、これらプロダクトの高い競合優位性と、その優位性により初めて創出できる大きな市場性を確認することができたため、今回資金調達を実施し、実空間で本格的な遠隔作業が可能なアバターロボット「MELTANT」の実用モデルや、医療機器の開発を加速させることとなった。

出資者のコメントは、以下となる。

大日本住友製薬株式会社 代表取締役社長 野村 博氏のコメント
「このほど、MELTINのビジョンに賛同し資本参加することとしました。当社が長年培ってきた医薬品事業の知見をもとに、MELTINと共に患者さんに貢献できる新たな価値を提供することを目指します。」

SBIインベストメント株式会社 投資部 兼 CVC事業部 次長 清藤 利郎氏のコメント
「MELTINが開発に取り組む生体信号とロボット技術は医療機器やアバターロボット、ひいては人々の暮らしや産業に大きな変革をもたらすものと強く期待しています。高い志を持つ粕谷氏と關氏を中心とした新たな価値創造の取り組みをSBIとして全力で支援してまいります。」

第一生命保険株式会社 執行役員 投資本部長 宮田 康弘氏のコメント
「当社は、運用収益獲得と社会的インパクト創出の両立を目指す”インパクト投資”として、MELTINに出資しました。サイボーグ技術を活用した医療機器、アバターロボット等の開発・普及を進めることでMELTINが様々な社会課題を解決していくことを期待しています。」

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy