• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

4

大気計測装置開発のメトロウェザー、総額2.2億円をドローンファンドなどから資金調達を実施

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

超高分解能ドップラー・ライダーを用いた、「高精度風況観測」を提供する京都大学発ベンチャーのメトロウェザー株式会社(本社:京都府宇治市、代表取締役CEO:東 邦昭)は、Drone Fund(本社:東京都港区 代表: 千葉功太郎)、リアルテックファンド (本社:東京都港区 代表:永田暁彦)、真鍋康正(高松琴平電気鉄道株式会社 代表取締役社長)、を引受先とした第三者割当増資と、国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)による平成30年度「ベンチャー企業等による新エネルギー技術革新支援事業」助成事業に採択され、総額2.2億円の資金調達を実施したことを発表した。

メトロウェザーが提供するドップラー・ライダーは、大気中にレーザ光を発射し、大気中のエアロゾル(塵、微粒子)からの反射光を受信することによって風速・風向を観測することができる大気計測装置である。

従来のドップラー・ライダーは軍事用途や空港での運用を想定しており、数mから10m以上のサイズが一般的で、ビルの屋上や基地局に設置することは困難だったが、メトロウェザーは、信号処理の効率化や内部構造の適切な実装を行うことにより、大幅な小型化を実現した。

メトロウェザーは、今回の調達資金をもとに、ドップラー・ライダーの高精度化・小型化の開発を進め、ドローン社会の実現へ向けて加速していく。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy