• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

6

大林組、アパレル系ベンチャーの米Seismic Holdingsに出資

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社大林組(本社:東京都港区、社長:蓮輪賢治)は、オープンイノベーションの手法を活用した次世代生産システム構築の取り組みの一環として、「パワード・クロージング(Powered Clothing™)」を開発する米国アパレル系ベンチャー企業「Seismic Holdings, Inc.」(本社:米国カリフォルニア州、CEO:Rich Mahoney)へ出資し、産業向け製品の開発を促進することを発表した。

Seismic社は、SRI Internationalからスピンオフしたスタートアップ企業であり、SRI時代にDARPA(米国国防高等研究計画局)からの委託されたプログラムにより開発した技術をベースに、ロボット工学・技術をアパレル(衣服)デザインに融合させた「パワード・クロージング」を開発した。

「パワード・クロージング」の特徴は、着用者の筋肉・骨格・関節などの動きに連動して伸縮する人工筋肉が、アパレル(衣服)に融合されているという点で、衣服のように軽量かつコンパクトな人工筋肉は、適用部位を自由に選択することで、日常の生活のさまざまなシーンでの使用が可能である。
2018年12月には一般消費者向け製品の発売が米国で予定されており、デザイン性の高い本製品は広く市場に受け入れられることが期待されている。

「パワード・クロージング」技術は一般消費者にとどまらず、産業界への適用可能性が高く、体を使った作業の多い建設技能労働者の負担軽減を目的とした産業向け製品には高い需要が見込まれる。
大林組の資本参画は、Seismic社の戦略的なパートナーとなることで、建設業を含めた産業向けの「パワード・クロージング」の開発を加速させることを目的としている。

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy