• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

JOHNAN株式会社、ロボット自動化関連技術開発の米国Realtime Roboticsへ出資

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

JOHNAN株式会社(所在地:京都府宇治市、代表者:山本光世)は、ロボット自動化関連のモーション・プランニング技術開発を展開するRealtime Robotics, Inc. (所在地:米国ボストン、President & CEO:Peter Howard)への出資(第三者割当増資)を行ったことを発表した。

JOHNANは、人と共生できる生産システムの構築を目指して、ロボット知能化技術を基盤とした生産ラインの応用開発を行なっており、そのために必要な技術また製品を持つ企業や研究機関との業務提携を、積極的に進めている。

リアルタイム・ロボティックス社は、ロボット知能化に必要な、超高速・超軽量・省電力・低コストで障害物を回避する最先端技術である、高度な「モーション・プランニング技術」を有している。

JOHNANは、今後も長年の製造事業を通じて培ったものづくりのリソース・技術力・経験を活かしながらアクセラレーターとして、国内外を問わず高度な技術力を持ち量産化を目指すスタートアップ企業に対して積極的にアライアンスを締結していく。