• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

3

株式会社アプトポッド、シリーズBラウンドで総額約8億円の第三者割当増資を実施

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社アプトポッド(本社:東京都新宿区、代表取締役:坂元淳一)は、2020(鴻海ベンチャー投資のパートナーファンド)、スパークス・グループ株式会社が運用する未来創生2号ファンド(出資者:トヨタ自動車株式会社、株式会社三井住友銀行 他)、株式会社SUBARUがSBIインベストメント株式会社と共同で設立したSUBARU-SBI Innovation Fund(運営会社:SBIインベストメント株式会社)を引受先とする総額約8億円の第三者割当増資を実施したことを発表した。

アプトポッドは、2017年2月に実施したシリーズAの調達資金をもとに、大型案件やグローバル展開への対応に向けた人材採用の強化、製品機能の拡充、革新的な産業IoTの実現に向けた新たな研究開発に注力し2018年1月には自動運転技術などの研究開発を加速する自動車向けIoTクラウドサービスパッケージ「Visual M2M Automotive Pro」、同年5月には産業シーンにおける継続的なAIの進化や遠隔制御などを実現するための産業IoTミドルウェア「intdash」、時系列データの可視化・解析を支援するWebアプリケーション「Visual M2M」を正式リリースした。

この結果、自動車、産業機器、ロボティクス/ドローン分野など各種産業シーンにおいて、大容量モバイル通信(大容量LTE/5G)を視野に入れたデジタルトランスフォーメーションプロジェクト、次世代に向けたコネクテッドサービスプロジェクト、 MaaS社会に向けた実証プロジェクトなど、数多くの企業における先進的なプロジェクトにおいてアプトポッドが提供する製品の採用が進んでいる。

本ラウンドは、これらの採用実績や急増するプロジェクトへの対応を踏まえ、事業会社との関係性強化による事業拡大、経営資源の確保、製品開発の加速を目的とした資金調達であり、国内外の事業環境の変化を踏まえつつ、製品機能の拡張開発、プロジェクトへの安定対応体制の強化、海外事業展開などに充当することを予定している。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy