• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

3

NTTドコモ・ベンチャーズ、物流資産のリアルタイム管理プラットフォーム等提供の米Shoof Technologiesに出資

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社NTTドコモ・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:稲川尚之)は、同社の運用するファンドを通じて、産業用IoT向けの位置情報管理ソリューションを提供する米国のスタートアップ企業であるShoof Technologies,Inc(本社:米国カリフォルニア州サニーベール、CEO:Ra’ed Elmurib)に対して出資を実行したことを発表した。

Shoofは、物流市場向けに特別に設計された高度なワイヤレス技術を開発し、大規模かつ屋内での、物流資産のデータを、簡単かつ低コストで収集することを可能にしており、物流資産をリアルタイムに管理するためのクラウドプラットフォーム、基地局、タグを含むシステムをトータルで提供している。

また、基地局とタグの間に独自通信プロトコルを用い、長距離通信とブロックチェーンを用いた高セキュリティを実現した。なお、タグの電池交換頻度は数年間であり、メンテナンスにかかるコストも削減できる。

現在、Shoofは商品開発や、自動車製造業、空港、物流業社等の顧客とのトライアルを実施しており、本出資によって、Shoofのビジネス成長を加速させていくとともに、今後、NTTグループが提供している位置情報ソリューションとの連携や、新たなサービスの創出など、IoTビジネスにおける顧客への価値創造に向けて取り組んでいく。