• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

Liberaware、第三者割当増資による資金調達を実施

  • feedy

狭小空間の点検・警備・計測を行う産業用小型ドローンIBIS(アイビス)を開発する株式会社Liberaware(所在地:千葉県千葉市、代表取締役 CEO:閔弘圭)は、2019年9月に、NECキャピタルソリューション株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:今関 智雄)と株式会社ベンチャーラボインベストメント(本社:東京都中央区、代表取締役 山中 唯義)が運営する価値共創ベンチャー2号有限責任事業組合(以下「価値共創ベンチャーファンド」)を引受先として、第三者割当有償増資を行い、資金調達を実施した。

【本資金調達の目的】

2019年4月のサービスリリース後、好評いただいている「設備点検型IBIS」のさらなる機能向上と、自律飛行による「自動パトロール型IBIS」の実用化に向けた開発に充当する。
また、設備点検や計測といった業務をより効率化するために、IBISが撮影した映像を3Dや点群、オルソ画像等に編集・加工する「データプロバイダ事業」の強化にも活用。
これらの事業を通じ、より多くの企業の生産性向上の支援を図っていくと言う。