• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

美容・健康

治療用アプリ研究開発のライフクエスト、ジェネシア・ベンチャーズ運営ファンドから資金調達を実施

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

医療用ソフトウェア機器として、治療用アプリの研究開発から製造販売を主要事業とするデジタル創薬カンパニーの株式会社ライフクエスト(本社:東京都港区、代表取締役社長:斎藤 糧三)は、軽度認知機能障害(以下、MCI)を始めとする精神・神経分野の疾患を対象とした治療プログラムの開発を開始し、開発に合わせて株式会社ジェネシア・ベンチャーズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:田島 聡一)が運営するGenesia Venture Fund 1号投資事業有限責任組合を引受先とする第三者割当増資を実施したことを発表した。

ライフクエストは、代表取締役CEOの斎藤糧三医師、元セガ代表取締役COOの代表取締役CSOの香山哲、元NRI野村総合研究所の髙橋広嗣がタッグを組み、医療×IT×ゲーミフィケーションの融合により治療用アプリの研究開発に取り組むスタートアップで、デジタル創薬の開発・販売を通じて社会的・心理的病理を患った人の動機づけ、行動・意識変容を促すことで病理の根本解決を図り、個人・企業・社会全ての健全化と持続的な繁栄に貢献することを長期目標に掲げ、設立された。
多様な技術を融合させることで患者ごとに個別化された生活介入によって行動変容を促すことにより、主に精神・神経分野の疾患に対する高い治療効果を得る新たな医療システムの実現を目指している。

超高齢社会に突入した日本において社会保障の新しいあり方が議論される中、2014年の法改正によりスマートフォンアプリ等のソフトウエアが医療機器として認められるようになり、その中で当社が開発を進める“デジタル創薬”とは、ゲーミフィケーションによる行動変容を促すことで患者にとって適切な生活介入を行い、医師をサポートするソフトウェアの活用を通じて治療効果創出を行うものである。

MCIを対象とするデジタル創薬アプリケーションについては、2019年を目標に臨床研究を開始予定であり、取締役の広川慶裕医師(ひろかわクリニック院長)の同疾患に対する医学的知見をベースに、これまで生活介入が困難であった患者の日常の意識や生活行動に介入し、個々の患者の状態に応じた意識・行動変容を促す仕組みを提供すると同時に、医師側には患者様の状態をモニタリングできる環境を構築する計画である。