• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

美容・健康

患者向け治験情報インフラ展開のBuzzreach、KLab Venture Partnersなどから資金調達を実施

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

患者向けに、治験情報インフラを展開している株式会社Buzzreach(本社:東京都目黒区目黒、代表取締役:猪川 崇輝)は、ITを活用した、連携パートナー企業からなる約250万人分の治験希望者データベースや、ヘルスケア系メディア、患者会などに同時アクセス可能な治験情報プラットフォーム「puzz(パズ)」を2019年3月5日にリリースしたこと、またサービスのさらなる発展を目的としてKLab Venture Partners株式会社を筆頭に、約5000万円のシードラウンドでの資金調達を実施したことを発表した。

puzz(パズ)は治験情報を患者へ届けるために製薬企業(または医療機関や治験関連企業)が情報を登録し、一般コンシューマや治験情報を必要とする患者に向けて情報を発信し、参加申込みまでをすることができる製薬企業(または医療機関や治験関連企業)向けの治験情報発信プラットフォームである。

また、puzzに掲載された治験情報は同じくBuzzreachの運営する一般コンシューマ向けオウンドメディアである『治験情報マッチングプラットフォームsmt』にも掲載され、治験という新たな治療法を求める患者と治験情報をマッチング(募集)することも可能。

smtは新しい治療法や治療薬の情報を求める患者や家族、一般コンシューマと、日本にある全ての臨床試験情報をウェブ上でマッチングするサービスである。

今回の資金調達により、リリースしたpuzzやsmtのサービス拡充だけではなく、ITを活用した現状よりもより良い環境を求めている患者にフォーカスをした、その他サービスにも注力していく。