• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

美容・健康

33

日本医療機器開発機構など、画像診断装置開発ベンチャーのLuxonusに出資

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社日本医療機器開発機構(本社:東京都中央区、代表取締役:内田毅彦)、慶應イノベーション・イニシアティブ 1 号投資事業有限責任組合(本社:東京都港区、代表取締役社長:山岸広太郎)、およびイノベーション京都2016投資事業有限責任組合(本社:京都市左京区、代表取締役:室田浩司)は共同で、株式会社Luxonus(本社:東京都港区、代表取締役:相磯貞和)へシードラウンドにおける出資を行ったことを発表した。

ルクソナスは、独自の光超音波技術(PAI)を用いて、疾患の早期発見および病勢診断が可能な汎用撮影装置の実用化を目指す大学発ベンチャーである。

国立研究開発法人科学技術振興機構による革新的研究開発推進プログラム(ImPACT)の「イノベーティブな可視化技術による新成長産業の創出」などの研究成果を基盤とし、2018年に設立された。

開発を進める光超音波3D撮影装置は、既存の撮影技術では早期診断や病勢診断が困難だった疾患(血管障害・リンパ浮腫・乳がん等)に対して、広範囲且つ超高解像度の撮影が可能となり、治療成績改善に繋がることを目指している。

今後は、量産機の開発に取り組み、2021年に研究機関向けの理化学機器として、2022年には医療機関向けの医療機器としての発売を目指す。

JOMDDでは今後も、大学や企業の医療機器等の開発・事業化を積極的に支援していく。