1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. VR・バーチャルリアリティ
  4. 地方だからこそ「VR」活用にメリットがある【観光・産業・医療・UIターン・教育の視点で徹底解説】

地方だからこそ「VR」活用にメリットがある【観光・産業・医療・UIターン・教育の視点で徹底解説】

  • feedy

この記事はLipronextからの転載です。

VR元年と呼ばれる2016年以降、東京を中心にビジネスでのVR利用の動きが広がっています。

単なる映像の視聴ではなく仮想現実に入り込み、リアルな「体験」をすることのできるVR。地方こそ、その活用によるメリットは大きいんです。今回は、地方がでVRを活用するメリットについてご紹介したいと思います。

時間と距離を越え、リアルを体験できるVRの可能性をぜひ感じてみてください。

地方がVRを活用するメリットとは?

近年、地方自治体における少子高齢化、財政状態の悪化、過疎化等、課題が山積しています。若者の流出・高齢化率の高まりの影響から、財政収入が減少するという財政悪化の負のループに陥っているようなところも少なくありません。
そういった現状から、「関係人口」という言葉もよく耳にするようになりました。「関係人口」とは定住はしていないが、地域や地域の人々と多様に関わる人々のことを指します。この「関係人口」の創出が地方圏の活性化を目指すうえで大切なキーワードになってきます。

■総務省:「関係人口とは」

時間と距離を越えてリアルを疑似体験できるVRの活用による恩恵は、「関係人口」を創出していくことにもつながっていくかもしれません。
それでは、具体的なメリットについて5つの視点からお伝えしていきます。

1.観光振興

まずは、「観光」という視点。地方には、魅力的でありながら効果的に発信されていない場所がまだまだあります。そういった場所のリアルな魅力を伝えることのできるVRの活用が、観光振興に寄与します。

VRは360度、視聴者主体で楽しむことができます。動画のように切り取られた一部分だけではない、その地の全体的な雰囲気を疑似体験することが可能。YouTube等にアップロードすれば全世界に発信されるため、観光客が訪れるきっかけをつくることができます。

2.産業活性化

地方では、若者の流出により「後継車不足」「人手不足」の問題が深刻です。リプロネクストの拠点がある新潟県では、20~24歳の転出者のうち77%もの人々が「職業」を転出の理由としてあげています。(平成30年新潟県「人口移動調査結果報告書」より)

そういった多くの学生や若者は地方企業で働くイメージがついていなかったり、そもそも地元の企業を知らないまま何となく出ていったりしている現状があります。

VRによって、働くイメージをリアルに伝え、魅力をアピールすることによってその会社に合う人を採用できる可能性が広がります。また、子どもたち向けにPRすることによって地元の子どもたちに対して地域産業に関心を持ってもらうきっかけをつくることもできます。

3.医療・福祉の充実

地方は病院が少なかったり、病院までの交通手段が無かったりと、医療・福祉サービスを十分に受けられない人も少なくありません。

そういった医療・福祉の現場でもVRは大活躍。VRは距離を越えてリアルを映し出すのです。VRを用いて遠隔で診察を行うサービスや、VRを活用したリハビリサービス等も開発されつつあります。

4.U・Iターン促進

U・Iターンの促進にもVRは寄与します。地方にU・Iターンをしようと考えている人にとって、住む場所はとても大切です。ただ、都市部から何度も地方に足を運んで物件の内見をするのは大変な労力がかかってしまいます。
しかし、VRを活用することによって、その建物を全国どこからでも内見することが可能に。
地方での実際の暮らしを手軽にイメージすることができるんです。

5.教育機会の充実化

都市部と地方の教育格差是正に対してもVRは貢献します。その地域に無い職業のリアルな職業体験ができたり、VRでのオープンキャンパスに参加することができたりと、距離やお金の制約を越えて、様々な学びの機会を手に入れることが可能です。

まとめ:地方だからこそVRの活用に可能性がある

いかがだったでしょうか。
距離を越えて、リアルを届けることのできるVR。様々な問題にの根底には、「距離」の問題が関連することも多いため、VRを活用することによって問題解決の糸口が見えてくるかもしれません。
これから5G時代に突入していく中で、地方でのVR活用がますます注目されていきそうですね。

リプロネクストでは、東京と新潟を拠点として事業展開しておりますので、地方でのVR活用を普及できるよう努力していきます。もし、地方でVRの活用をご検討の方がいらっしゃればお気軽にご相談ください。