1. TOP>
  2. ベンチャーニュース>
  3. VR・バーチャルリアリティ
  4. VRショッピングとは【VRショップ・VRストアの可能性と最新事例】

VRショッピングとは【VRショップ・VRストアの可能性と最新事例】

  • feedy

この記事はLipronextからの転載です。

VR技術が進化し、近年では「VRショッピング(バーチャルリアリティーショッピング)」が注目を集めています。

 

少し前までは「VRは、IT系に詳しい人たちのもの」と思われがちでしたが、近年VR技術が急速に発達したことで、私たちの生活にも浸透しつつあります。

 

VRショッピングもそう遠くない存在になり、新型コロナウイルスなどで実店舗の経営が困難になったという状況にも対応できるため、VRショッピングを取り入れている企業も増えてきています。

 

そこで今回はVRショッピングのメリットとVRショッピングの事例をご紹介します。
これからの買い物のスタンダードともなり得るVRショッピング。覚えておいて損はありません。それではご覧ください!

 

VRショッピングとは?

VRショッピングとは、スマホVR、HMD(ヘッドマウントディスプレイ)などの仮想店舗上で、商品を見て触って、確かめながら購入するような買い物の方法

 

実店舗だけでは、買い物をしたくてもできない人へサービスを届けることができません。
例えば、海外など出向くことが難しい場所に実店舗があったり、体が不自由で外に出られなかったり、店舗の営業時間に買い物ができなかったり…。

 

そんな時、VRショップ・VRストアがあれば、どんな人も、いつでもどこでも好きな時間に好きな場所でお買い物が楽しめます。

 

言葉ではわかりにくいと思うので、下の動画を見てみてください。
実際のバーチャルショッピングはこんなイメージです。

 

 

 

いかがでしょうか。
近未来の光景のようですが、もう既にVRショッピングが実現しているというから驚きですよね。

具体的には、店舗を運営している側として、どのようなメリットがあるのでしょうか。いくつかご紹介いたします。

 

1.店舗の在庫を抱えずに済む

vt-lipronext-20200928-1

例えば、衣料品関係。実店舗の場合、消費者が実際に来店し、実際に商品を手にとって、服のサイズ・色・生地の質感などを確認してもらい、レジに持ってきてもらうというのがこれまでの商品購入の流れでした。なので、実店舗では店頭に実物の服や靴など常に在庫を揃えておく必要がありました。

 

しかし、VR技術を使った購入サイトであれば、ユーザーは来店することなく、商品の原寸大サイズや色、質感を確かめることができるので店舗側は在庫を抱える必要がありません。

2.ユーザーに使用シーンをリアルに想像してもらいやすい

これまで、家電や家具など比較的大きなものについては、ユーザーが事前にサイズを測って実店舗に赴いて確認するなど手間がありましたが、VRを活用することで、店舗に行かず、バーチャル上の自分の部屋に家具を置いて確かめるなんてことも実現可能。
ユーザーの利便性が向上し、より気軽に店舗へ立ち寄ってもらいやすくなります。

3.日本全国・海外からのお客様を幅広く見込める

例えば、海外にしか店舗を置いていないお店の商品を手に入れるには、そこまで交通費や莫大な時間がかかってしまいます。

VRショッピングであれば、いつでもどこでも自由にショッピングを楽しむことができます。VRショッピングの環境を整えるだけで、国内・海外問わず広く顧客になり得る可能性のある人が一気に増えます。

4.莫大な固定費を抑えることができる

全国に何店舗も運営しているようなお店では、毎年莫大な固定費が掛かっています。固定費とは、毎年・毎月、店舗を休業していたとしても発生する固定的な費用。例えば、「労務費(一般的には人件費)」や「減価償却費(建物や備品の費用化)」、「水道光熱費」、「賃貸料」、「保険料」…。とにかく膨大な費用が発生しています。

 

VRショップ・VRストアの運営を始め、ユーザーも実店舗だけではない買い物スタイルが普及していくとどうでしょうか。もちろん、VRストアを整備するお金や運用、保守・管理するお金は必要になりますが実店舗を構えていた時に必要だった大きな固定費を抑えることが可能になります。

5.従来のECサイトでは難しかった「一目ぼれ」体験が実現できる

これまでECサイトがあったのに、なぜVRショップが注目されているのかというと、こちらが意外と大きなポイントだったりするかもしれません。ECサイトでは、検索してヒットしたものを購入するという消費者の行動パターンが多かったのですが、VRでは、実店舗で体験できるような、感覚的な「一目ぼれ」でモノを買うということが起こり得ます。

 

偶然の出会いという「体験」もまさにVRショッピングの魅力。何も買わなくても、ショッピングは楽しいですよね。そんなワクワク感もVRショッピングではもたらすことが可能なんです。

VRショッピングの参考事例

VRショッピングが実現できるプラットホームに「VIRTUAL MARKET」や、「STYLY」があります。そういったプラットフォームを活用してバーチャル店舗を開設する企業や個人も増えてきています。

実際にVRショッピングを取り入れた事例や今後VRショッピングを展開していく企業をご紹介していきます!

1.伊勢丹新宿

出典:仮想伊勢丹新宿店

まずはこちら、「仮想伊勢丹新宿本店」。三越伊勢丹ホールディングスが、2020年にVR空間上で行う世界最大級のイベント「バーチャルマーケット」に初出店しました。第3回の開催となる、前回2019年度は延べ71万人以上が参加。注目度の高さが伺えます。

 

初参加となる三越伊勢丹ホールディングスは、伊勢丹新宿店の建物をリアルに再現。リアル店舗にも出店しているデジタルファッションや実際の商品を購入することが可能でした。こういったイベントの際に限定出店するという動きも活発に巻き起こっていますね。

 

■仮想伊勢丹新宿本店Webページはこちら

2.期間限定オープン「VR PARCO」

出典:voyagegroup.com

 

パルコ×VOYAGE GROUPが期間限定で運営をしていた「VR PARCO」。
現在は運営しておりませんが、実際にパルコの店内を見て歩いたり、取り置きができることができるサービス「カエルパルコ」をオープンしていました。

 

スマホやPCで実写店舗を歩き回りながら商品を買ったり閲覧することができるので、まるで店舗で買い物をしているよう。しかも、他のお客さんや店員さんの視線もないため、リラックスして自由に買い物を楽しむことができますね!

3.BUY+

 

 

中国のモバイル決済の70%を占めるサービス「Alipay」を運営しており、Magic LeapなどVR/MRへの出資にも意欲的な企業です。そのアリババが、2020年4月にVRショッピングサービス「BUY+」を発表。9月にもリリースされると見込まれています。

 

アリババが公開した動画では、ヘッドマウントディスプレイを装着したユーザーが商品を手で触って確かめている様子が見て取れます。いま、VR業界では、香りや触感などを再現しより高い没入感を実現しようと試行錯誤が行われています。実際の買い物とほとんど遜色がないところまで時代はもうすぐそこまで来つつありますね。

まとめ:誰でもショッピングを楽しめる世の中はすぐそこに

いかがだったでしょうか。
これまで、身体的な理由や、距離的な理由などでなかなか外でのショッピングを楽しめなかった人も、VRショッピングであれば気兼ねなく安心してリアルなショッピングを楽しむことができます。

 

ショッピングをより多くの人・あらゆる人に楽しんでもらいたいという方はぜひ、VRショップ・VRストアを検討してみてはいかがでしょうか。