• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

0

ビットコインアドレスとは?|仮想通貨用語集

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ビットコイン取引に必要となるビットコインアドレス

ビットコインを使って送金や決済などの取引を行うには、ビットコインアドレスが必要となる。
口座番号のようなものですが、銀行口座のように1名義人に1つ割り当てられるのではなく、各送金や決済ごとに作成されることがある。

これは個人情報の保護や取引の安全性を高めるために、送金する人や受け取る側のビットコインアドレスから個人の特定や情報漏洩がなされないようにというものとなる。
ビットコインアドレスは27文字~34文字の長い英数字で構成されており、署名が1つのスタンダードなビットコインアドレスの場合は1から始まり、セキュリティを高めて署名を複数要求するマルチシグアドレスの場合は3から始まる。

ビットコインを送金したい場合には、受け取る側のビットコインアドレスを指定する必要があるので、間違いのないように慎重に入力しなければならない。
仮に間違えたビットコインアドレスに送った場合、そのアドレスが存在しなければ戻ってきますが、偶然にも間違えたアドレスが存在していた場合には知らない誰かのもとにビットコインが送られてしまう。

なお、送る側はビットコインアドレスの秘密鍵がないと送金ができない。
取引が成立して届いたかは、トランザクションがブロックチェーンに追加されたかを確認することで分かる。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy