• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

14

RSKがビットコイン(BTC)にスマートコントラクト機能を追加 RSKプロジェクトCEOディエゴ氏インタビュー後編「Blockinfo & Venturetimes」

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

Blockinfo & VenturetimesではRSKの代表者であるDiego氏に、ビットコインにスマートコントラクトの機能を追加するとすれば、どんなことが起きるのかを聞いた。インタビュー後編
前半はこちら

【インタビュアー】
フェデレーションはドライブチェーンが設置されるまでの臨時ソリューションですか。

【Diego氏】
pegに一時的です。
フェデレーションは私たちのデザイン、アーキテクチャの一部です。 それでフェデレーションは残っているでしょうし、おそらく非常に有用なサービスを提供することでしょう。 なぜなら、サービスにフェデレーションがオラクルを提供するためです。

私がデータが情報をフィードしていくと言及するのは、例えば、保険政策の決定を下すとき、
航空便のキャンセルに向けた保険政策と仮定してみます。
スマートコントラクトはブロックチェーンの基盤にある情報のみに依存することになりますが、誰かはそのスマートコントラクトに飛行機のチケットがキャンセルになるから保険証券に支払払えと言わなければいけないでしょう。

それでアイデアは、小さな会社がオラクルサービスやラウンドセットアップ資源を提供しない場合、フェデレーションが、オラクルサービスを支援してすべての人間が容易にソリューションを配置して、オラクルソリューションを使用できます。

【インタビュアー】
現在どんな会社がフェデレーションに属していますか。

【Diego氏】
フェデレーションは世界上位25個の財布と交換所で成されています。
私がずっと忘れていたために個別の企業を言及したくはないですが、基本的に参加した企業全てが最高の交換所であり財布です。

そしてそれらを選択した理由は、それらがすでにサードパーティの投資マネージメントサービスを提供するに安全な環境と資本を持っていて、サーバーを運営するための環境も整っているために
サービスをローンチングし易く、フェデレーションを運営するのに適切なセキュリティレベルを合わせるのが良いからです。

【インタビュアー】
イーサリウム、あるいは他のチェーンとRSKの他の点を説明していただけますか?

【Diego氏】
はい、違う点はほとんどがセキュリティモデルに関するものです。なぜなら、結局特に同じプログラミング言語を使用し、同じインタフェースを持っているイーサリウムの例を挙げるとイーサリウムアプリケーションは、RSKでportになれるし、どのような修正なしでも作動します。

その理由は、web 3 RPCインタフェースが同じで、完全に互換が可能で、ソリディティープログラミング言語が完璧に互換されるためです

今後私たちはソリディティより安全な他のプログラミング言語、ランタイム環境を追加しますが、しかしあなたはいつもイーサリウムと互換されるランタイム環境を持つようになることでしょう。

それで機能的な観点から見ると、イーサリウムとRSKは完全に同じです。
同じ機能を持っており、これを提供してるコンセンサスプロトコール、すなわち、ネットワークのセキュリティー性については、違いを持っています。

なぜならイーサリウムが自らのインフラ、ハッシングパワーとハッシングアルゴリズムを持っている反面 RSKは、ビットコインのハッシングパワーとハッシングアルゴリズムを持ったビットコイン採掘者によって保護されているためです。

だから’ビットコインのネットワークで構成されたスマートコントラクト’がRSKのコンセプトです。

ADAやEOSのようなモデルと比較すれば、 proof of stake方式か、別のセキュリティモデルかという話へ移ることになりますが、私たちの観点からは、proof of work方式が、多くの方式のうち唯一検証された方式だと思い、それで私たちの考えは、proof of stake方式はまだ慣れていく段階であり、そのためにproof of stakeやdelegated proof of stake方式が提供できるセキュリティレベルはどのくらいになるかについて調べる必要があると考え、それが悪い結果でなければならないという必要はないと思います。

これはまだ実験段階にあるだけで、私たちは世界のためのファイナンシャル・インクルージョンシステムを作りたいために、プロダクションアプリケーションのセキュリティ性は、この段階で私たちに重要な鍵です。

私たちは、人類一般に役立つので、挑戦して発展する概念として他のセキュリティモデルにより多く出会えることを望んでいます。

【インタビュアー】
RSKガバナンスと投票の構造を説明していただけますか?

【Diego氏】
はい、RSKは今”神モード”です。 私たちが”神のモード”にいますが、 なぜならば私たちがプラットフォームの発展や沢山のものを制御をするためなのですが、しかし私の計画はコミュニティが投票する新しい提案システムを準備中です。

実装面で、私たちは基本的にはビットコイン方式です。 全体のノードが決定して採掘者が決定するのです。 それを具現することに決定するのは依然として最も良い方法の一つであり、現状態を少しでも広報にもなり、プラットフォームアップデートの面では少しは保守的であるように見えますが、良い方法だと思います。

私どもが改善できると思うものは、私たちはネットワークの状態をもっと具体的に見ることができるメカニズムを作ることです。 ビットコインの問題の一つはネットワーク内の経済行為者にアップグレードを準備して進行するかどうかは分からないということです。

それでハードフォークがビットコインではとても難しいです。 私たちがすることのうち一つは、私たちはシステムを具現しています。 経済行為者が彼らのアップグレードに対する意志又は移行準備を公示して私たちがもっと良い可視性をもたらします。

それで私どもはそのシステムを実験したいと思っております。 そして私が申し上げたように、アップグレードの提案のための、より良いインセンティブモデルやガバナンスを作り、RSKの新しい機能の発展を見つけ出すことでしょう。 私の手を離れることとなると、”神のモード”から消えるので、2018年末か2019年です。 そして私たちはガバナンスシステムでどのように流れていくのか確認することになるでしょう。

【インタビュアー】
RSKで発生するハッシュの比率は

【Diego氏】
RSKは現在、ビットコインのネットワークの10%の、保安になるのですが、私たちは既にビットコインネットワークの85%プールをすでにセットアップしておきました。 したがって、技術的面で見ると、全てがビットコインのネットワークの85%を行う用意ができているということです。

しかし、当然、採掘者らはインセンティブが必要で、実際ハッシングパワーが必要となるため、10%は既に行っており、私たちは今年に51%を達成しようとする目標を持っています。 現在、1ハッシュの3倍の達する数値です。

【インタビュアー】
RSKスマートレイヤーは他の暗号通貨にも適用可能でしょうか?

【Diego氏】
今は、スマートビットコインに制限されるが、トークンを発行できるため、希望する資産を作ることができます。 例えば、私たちは地方のデジタルペソのためにアルゼンチンでNGOラテンアメリカ銀行と仕事をしていますが、これは包括的な金融システムのために活動資産の低い変動性を可能にするための鍵です。

それで私の意味は、スマートビットコインに限定されません。 私たちはライトコインチームとビットコインのキャッシュ開発チームと話しています。そして未来には他の暗号化の通貨とpegsを持つことになると思いますし、彼らにスマートコントラクト機能を提供するでしょう。

【インタビュアー】
RSK ICOを信仰するのですか。

【Diego氏】
私どもは今まで公開したことがありませんし、あなたがご存知の全てのRSKは非公式を基盤としていました。 私たちはパブリックセールは行っておりません。 私のインフラサービスを通じてトークンを作るプロジェクトはあります。 しかし、ファンド募金よりはコミュニティに参加し、支援することを望んでおりました。 なのでもしトークンが作られたのなら、分配を致しますが、実際の活用事例を作るためにします。 私たちはトークンの実用例が特定の人より、社会をさらに助けてくれると思うからです。

【インタビュアー】
基本的にRSK ICOを主張する人はすべて詐欺ですか。

【Diego氏】
はい、パブリックセールはありません。そのどこにも権限を付与された代理人もおりません。
多くの偽のウェブサイトが私達のための私の許可なく嘘で募金をします。

【インタビュアー】
視聴者の方に最後におっしゃりたいことがありますか。

【Diego氏】
いいえ、このインタビューをご覧いただければ、すでにここに関心があって見られておられるわけですが、私は常に技術は社会変化のための道具と言っています。 この脱中央化技術をよく理解ができるようになれば、技術のすべてのものを活用して、より良い社会を作ることができると思います。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。
投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。
なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。
つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。

  • 3
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy