• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

8

セレス、仮想通貨イーサリアム上で取引可能なブロックチェーンゲーム「くりぷ豚」グッドラックスリーと共同開発

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社セレス(所在地:東京都世田谷区、代表取締役社長:都木聡)は、ブロックチェーンのプロダクト・サービス企画、開発、運営を行う株式会社グッドラックスリー(本社:福岡県福岡市、代表取締役社長:井上和久)と共同で、イーサリアムのブロックチェーンを活用したスマートフォン向けゲーム「くりぷ豚(トン)」を、2018年春にリリース予定であることを発表した。

同ブロックチェーンゲームは、ユーザーが豚のキャラクター「くりぷトン」をコレクションし、交配させ新種を誕生させたり、ユーザー間での売買が可能となっている。最大の特長はDapps(※)にてゲームを構築している点で、仮想通貨のイーサリアム上のブロックチェーンを使ったオンラインゲームとなる。登場する「くりぷトン」は、組合せにより3京6,000兆通りにものぼり、高いコレクション性を誇ります。なお、くりぷ豚はスマートフォン(アプリ及びウェブ)にてサービス提供を予定している。

※Dappsとは「Decentralized Applications」の略称で、分散型アプリケーションとも訳され、中央集権(例:国・金融機関・企業・開発者)等に依存せずに機能するアプリケーションを指す。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy