• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携 インバウンド

13

アイディール、SNSマーケティングのアライドアーキテクツなどと資本業務提携

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 2
  • feedy

東京都などが主催した「世界発信コンペティション」にてサービス部門特別賞を受賞した、インバウンド促進型「越境ECプラットフォーム」である「CoolChangeプラットフォーム」を運営する株式会社アイディール(東京都品川区/代表取締役 小林 淳)は、SNSを活用した企業のマーケティングを総合的に支援するアライドアーキテクツ株式会社(東京都渋谷区/代表取締役 中村 壮秀 東証マザーズ:6081)を始めとし、個人投資家/既存取引先などを引受先として第三者割当増資を実施した。

また、アライドアーキテクツ社とは資本業務提携も実施し、中国向けの事業において協業すると発表した。
なお、出資についての詳細については非開示。

◎業務提携の内容について
日本メーカー様に向けて、中国国内のテストマーケティングの実施、販売チャネルの確立、販売ストーリーの企画・立案、商品仕入れ、翻訳、詳細資料/ウェブサイト作成、カスタマーサポート、輸出手続き・物流、インフルエンサーを活用したマーケティング/プロモーションの提供をワンストップで提供していく。
具体的には、中国で売れるかどうかを(メーカー様の費用負担なく)調査し、どのように売っていくのか立案。
その後、適切なマーケティングプランを組み上げると共に、必要な資料の作成(中国向けのパッケージ制作/販促物・ツール制作など)をし、これらの販売ストーリーに沿って、アライドアーキテクツ社が持つ「網紅(ワンホン)」と呼ばれる中国のインフルエンサーを活用したSNS拡散力を活用して、ゼロから市場を作っていく。
また、その上で商品仕入れは当社リスクで行っているため、日本メーカー様は一切のリスク負担なく中国市場開拓に向けたチャンスを得る事が出来るようになる。

◎業務提携の目的と背景について
中国EC市場規模は2016年で75兆円程度と日本のおよそ5倍の大きさとなり、2013年に米国を抜き世界最大のEC市場となっている。今後も品質の良い日本製品については中国市場での需要が増し、日本からの越境EC分野が拡大していく事が予測されている。
このように市場が拡大していく中で、日本メーカー様に向けた様々なソリューションへのニーズが高まりつつある。
アイディールの強みは、販路を持たない日本メーカー様に向けて、各商材に合わせてオンライン/オフラインの最適な販売チャネルを用意し、適切な販売ストーリーを組み上げていく点にある。
一方でアライドアーキテクツ社の強みは昨今より注目度の上がっている中国国内のインフルエンサーマーケティングによる拡散力にある。
これらの組み合わせは日本メーカーに向けた総合的なソリューションとしては理想的な形で、今回の業務提携により中国でのテストマーケティングから販売チャネルの確立、そして販売時の強力なマーケティング機能までをワンストップで提供出来るとしている。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 2
  • feedy
recruitment-article