• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携

55

AIシステム開発会社Nextremerの子会社dataremer、ファンドより資金調達

  • 0
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

人工知能テクノロジーを用いた対話システム開発を手掛ける株式会社Nextremer(本社:東京都板橋区 代表取締役社長:向井永浩)の子会社、株式会社dataremer(本社:高知県南国市 代表取締役社長:興梠敬典)は、2017年3月27日、株式会社高知銀行とオーシャンリース株式会社、REVICキャピタル株式会社の3社が共同で設立した「こうぎん地域協働ファンド」より、資金調達を実施したことを発表した。

dataremerは、2016年8月に高知県コンテンツ企業誘致制度の第1号企業指定を受け、高知県南国市に設立しました。dataremerはAI対話システムにおける、対話シナリオ辞書の作成やデータ収集を専門的に行い、事業者に提供している。
AI市場の拡大が加熱している昨今、こういった学習データ提供事業も同様に成長が高い領域であり、資金調達によるシステムや人材への投資を強化し、事業の更なる活性化を加速させ、より多くの事業者へのサービス提供を行っている。

  • 0
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy