• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携

4

freee、経理業務プロセスを効率化し働き方改革のため富士ゼロックスと業務提携

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

freee株式会社(本社:東京都品川区 代表取締役:佐々木大輔 )は、富士ゼロックス株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:栗原博)との業務提携を開始したことを発表した。

昨今国内において働き方改革が大きな注目を集める中、”IT導入補助金”を始めとし、ITを活用した企業の生産性向上を目指した取り組みが本格的に開始している。
現在も多くの企業が紙を中心とした業務管理を行っており、大量の紙書類の処理に時間がかかるなど、課題が残っている。
例えば、経理業務では、現場部門と経理部門で同じ情報の二重入力や、経理担当者から取引担当者への情報確認など、プロセスの分断による非効率が発生し、経理処理にはさまざまな関連証憑が発生するため、紙書類の受け渡しや保管等の業務が煩雑になり、大きな負担となっている。
加えて、日常的に発生する紙の証憑を電子化する仕組みも不足しており、経理業務プロ
セス全体の効率化が求められている。

富士ゼロックスは、言語処理、画像処理、知識処理などの領域において高い技術を保有し、ドキュメントを中心とした業務プロセスの効率化を進めている。
「Smart Work Gateway」のコンセプトを掲げ、働く人々の生産性向上、業務効率化を実現、企業の働き方改革への取り組みの支援に力を入れている。
今回 freee と富士ゼロックスは、複合機でスキャンした証憑が自動でfreeeに登録される「Cloud Service Hub for freee」と、「DocuWorks」を活用した「経理業務支援ソリューション for freee」の提供を開始した。
電子化による業務プロセスの効率化を目指すと共に、freeeに情報を統合することで、紙管理を中心とした業務を大幅に改善し、企業の皆様が働き方改革を実現できる環境づくりを進めている。

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article