• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

資本・業務提携

6

うるるとディーエムソリューションズがマーケティング支援で業務提携

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

主婦向けクラウドソーシングサービス「シュフティ」登録の在宅ワーカーによるアウトバウンドコールサービス「フレックスコール」事業を運営する株式会社うるる(本社:東京都中央区、代表取締役社長:星 知也、以下「うるる」) は、ディーエムソリューションズ株式会社(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長:花矢 卓司、以下「ディーエムソリューションズ」)とマーケティング支援における業務提携を開始したことを発表した。

今回の業務提携により、ディーエムソリューションズが提供するダイレクトメールサービスにおいて、アフターコール(到着確認の電話)としてうるるが提供する在宅ワーカーを活用したサービス「フレックスコール」を活用する。これによりダイレクトメールの反響率をより増加させることを実現する。業務提携初年度にあたる2018年3月末までに、まずは100社へのサービス提供を目指す。

見込み客に対して直接チラシやパンフレットなどの販促物を届ける「ダイレクトメール」というマーケティング手法は、セグメントしやすくピンポイントで届けられるマーケティング手法として世の中に根付いている(市場規模:3,804億円(日本の広告費(株式会社電通)調べ))。その一方で数多くの企業がダイレクトメールを送るため、顧客は大量の販促物を受け取ることになり、反響率が上がりにくい事象も起こっている。これを解決するための効果的な施策が「追っかけコール」になるが、大量にダイレクトメールを送った後の「追っかけコール」は時間や手間がかかり、自社で実施することが難しい作業である。

この様な背景がある中、約36万人の在宅ワーカー会員を抱えるうるるが、自社で行ったダイレクトメールに対して在宅ワーカーを活用し「追っかけコール」を実施したところ、実施前と比較し4.6倍の反響を得ることができた。これを受けディーエムソリューションズと連携し、ダイレクトメールサービス後の「追っかけコール」を、うるるが展開している在宅ワーカーを活用したアウトバウンドコールサービス「フレックスコール」にて実施、サービス提供を開始することになった。

この業務提携によりダイレクトメールの反響率を上げ、より効率的なマーケティング手法の実現を目指す。また、このような新しい業務が生まれることで、時間や場所に捉われない柔軟な働き方を多くのワーカーに提供することを目指す。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article