• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

4

スーパーソフトウエア、人工知能(AI)アプリ開発ソリューション提供開始

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社スーパーソフトウエア東京オフィス(所在地:東京都渋谷区、代表:舩木俊介、以下スーパーソフトウエア)は、画像認識や自然言語処理などの人工知能(AI)によって、AI活用をより多くの企業に導入されるよう総合支援するソリューションを開始したことを発表した。

人工知能(AI)を利用した事業を多数展開しているスーパーソフトウエアでは、顧客のビジネスで競争力強化するための人工知能(AI)導入コンサルティングから、データ分析から独自のディープラーニングモデルの開発、各社APIを使った短期間での導入開発など、最適なサービスを提供できるようコンサルティングから開発までをパッケージとして提供する。

政府の経済財政諮問会議でのGDP600兆円へ向けて人工知能などに投資を行う方針が発表されるなど、社会の人工知能に対する関心が高まる中、多くの業種での活用が求められている。しかしながら、人工知能(AI)による競争力は検討したいが、自社のサービスでの活用方法が見え辛いという企業からの声が多く寄せられている。

スーパーソフトウエアは、人工知能(AI)を業務で利用するために必要な知識・ノウハウを提供し、人工知能(AI)がビジネスにどう役立つかのコンサルティングから、データ分析・導入・アプリケーションの開発までの総合支援を行う。

スーパーソフトウエアでは、ユーザのプロフィール情報からRNNによるクラス分類を行ってマッチング精度を向上させるアプリ「Serendipity」、写真に含まれるファッションなどを高速に検出して画像特徴量をもとに検索を行う非言語検索システム、顔の特徴量から同一人物かどうかを検出するSuperFaceなど、ディープラーニングでの知見をもとに人工知能(AI)を利用した事業を多数提供しており、特に730万ダウンロードを超える漫画カメラをはじめとした画像認識分野に強みがある。

顧客のビジネスで競争力強化するための人工知能(AI)導入コンサルティングから、データ分析から独自のディープラーニングモデルの開発、各社APIを使った短期間での導入開発も可能である。

アプリのUX向上やコンバージョンアップ、レコメンド、人間が見逃しやすい製品の異常検知、問い合わせコスト削減とナレッジ蓄積のチャットボット、AIを活用した新規事業開発支援など、顧客のニーズによって最適なサービスを提供できるようコンサルティングから開発までをパッケージとして提供する。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article