• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

17

エクサインテリジェンス、インドのIoTテクノロジー開発会社と業務提携

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

AIベンチャーである株式会社エクサインテリジェンス(東京都文京区:代表取締役会長:春田真、以下エクサインテリジェンス)は、インド・アーンドラ・プラデーシュ州「緑豊かな環境配慮型のスマートシティ」プロジェクトの一貫として、スマートシティに必要なソリューションを提供する大手インドIoTテクノロジー開発会社、エフトロニクス システムズ社【(アーンドラ・プラデーシュ州ヴィジャヤワーダ市、CEO: Rama Krishna(ラーマ クリシュナ)、以下エフトロニクス】とAIを搭載したセキュリティカメラ開発、および交通安全事業において業務提携したことを発表した。実用化は2018年4月を予定している。

今回の提携により、エクサインテリジェンスは、エフトロニクスがアクセス可能な道路や公共施設、民間施設に設置されたカメラに蓄積されたビッグデータを活用し、ナンバープレート解析や不審者解析が可能なAI搭載のハードウェア、ソフトウェアの共同開発を行う。中央政府、地方政府をあげて新しいテクノロジーを活かした都市開発を目指すインドのインフラ開発に対し、交通渋滞の緩和、交通安全、防犯などに役立つものを州政府、公共交通機関、民間企業に強いアクセスを持つエフトロニクス社との提携を通じて提供していく。

インド・アーンドラ・プラデーシュ州は、2014年に州が分割され、新州都開発を推進するとともに、インド政府が推進するスマートシティプログラムにも同州の4都市が選定されている。また、州独自でも新たに6都市をスマートシティ候補都市に選定し、テクノロジーを取り入れた開発を積極的に推進している州でもある。

また、エクサインテリジェンスは、今年4月にインド・アーンドラ・プラデーシュ州の最大都市、ヴィシャーカトナム地方のアンドラ大学とギッタム大学、インド・アーンドラ・プラデーシュ州のIT部門でもあるAPEITA (Andhra Pradesh Electronics and IT Agency) とAIモデル開発の共同研究を推進するために、基本協定書を締結した。エフトロニクスとの共同開発においても、同大学との共同研究を活かし実現する予定である。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article