• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

AI

4

AI特化型インキュベーターのDEEPCORE、最大60億円規模のAIスタートアップ特化ファンドを設立

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

AI特化型インキュベーターである株式会社ディープコア(本社:東京都、代表取締役社長:仁木 勝雅)は、シード、アーリーステージのAIスタートアップへの投資を目的としたベンチャーキャピタルファンド「DEEPCORE TOKYO1号 投資事業有限責任組合」を設立した事を発表した。同ファンドの資金規模は総額60億円を目標としている。
また本ファンドの第1号案件として、2018年4月に株式会社VAAK(バーク、本社:東京都、代表取締役社長:田中遼)に出資したことを、併せて発表した。

DEEPCOREは、「CORE for Disruptive Innovations」をミッションに、AI(人工知能)、特にディープラーニング分野の優れた若手起業家の育成を目指すAI特化型インキュベーターである。技術で破壊的イノベーションを起こす起業家を育成するエコシステムを構築し、ディープラーニングをはじめとしたAI技術の社会実装を目指します。東京都文京区本郷にコミュニティ&コワーキングスペース「KERNEL HONGO」を今夏オープンし、AIテクノロジードリブンなコミュニティ運営や企業などとの共同実証実験、スタートアップ支援を行っていく。

同ファンドは、シード、アーリーステージの有望なAIスタートアップに投資を行い、成長を支援することを目的としている。DEEPCOREが運営する「KERNEL HONGO」から生まれたAIスタートアップや、既に設立されているAIスタートアップも投資対象となる。

株式会社VAAK 代表取締役社長 田中遼氏のコメント
「DEEPCOREのAIスタートアップに特化したサポート体制や、仁木氏をはじめとするメンバーの投資経験・知見やAIへの理解、人柄、また支援内容、グループとのシナジー、これらが決め手となり、同社にご支援いただく運びとなりました。第1号案件としてポートフォリオをけん引すべく精進してまいります」

株式会社ディープコア 代表取締役社長 仁木 勝雅のコメント
「防犯ソリューションは、小売業をはじめさまざまな業界での高い需要と社会的貢献が見込まれる領域です。われわれは、VAAKのAIによる行動解析技術とサービス導入の容易さが、当該領域に大きなインパクトをもたらすと考えています。また、連続起業家である同社代表取締役社長の田中氏が持つ経営手腕および技術力に高く期待しています」

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy