• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

飲食・農業

8

サイボウズと神奈川県三浦市農協、農業のIT化を推進

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

サイボウズ株式会社と三浦市農業協同組合(所在:神奈川県三浦市)は、三浦市における農業のIT化推進連携の第二弾として、2018年4月より「三浦市農協配車システム(仮)」を運用開始することを発表した。従来、翌日出荷予定の農産物の配送先(市場)と数量の割り当て、及び配車作業は全て手動で行われていた。これをサイボウズのkintoneへ入力するだけで1秒以内に自動計算され、作業時間が1日あたり約8時間削減となり生産性が大幅に向上する。また、kintone上にデータが蓄積されることで、今後の出荷計画の判断支援や更なる自動化が可能となる。

三浦市農協との農業IT化推進連携について

サイボウズと三浦市農協は、2017年5月より三浦市における農家の収益安定化を目的とした農業のIT化推進で連携し、同月1日に神奈川県内で初めての有線放送代替システム「アグリコネクト三浦」(※)を運用開始した。これは、サイボウズのkintoneを基盤とした市況や概況などの情報を共有するプラットフォームで、市内の約80%の農家でご採用されている。

今回第二弾として、「三浦市農協配車システム(仮)」を4月より運用開始する。通常、各農家からの出荷情報を事業所がとりまとめ、農協が手作業で約50の市場への出荷物の品目・数量などの振り分けプランを作成しいた。これが「三浦市農協配車システム(仮)」を使用することにより、kintoneに出荷情報を入力すると瞬時に出荷物振り分けプランが自動生成され、作業時間が1日あたり約8時間削減されることになる。また、配送トラックへの積荷が効率的になることで、トラックの台数削減による費用削減、CO2排出量の削減に寄与する。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy