• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

インバウンド

4

浅草六区、再生プロジェクト始動し訪日外国人旅行者の対応向上を図る

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

六区ブロードウェイ商店街振興組合は、複数の民間企業からなる協業コンソーシアム「EAST TOKYO FUN」に参画し、経済産業省の平成28年度補正予算「IoTを活用した新ビジネス創出推進事業(IoT活用おもてなし実証事業)」に係る実施事業者として採択された株式会社ワイヤレスゲートを中心とした複数社での共同事業に参加し、訪日外国人旅行者にとってストレスフリーなまちづくりを行っていくと発表した。

今回のIoT活用おもてなし実証事業採択で、経済産業省の平成27年度補正予算「IoT推進のための新ビジネス創出基盤整備事業」により事前に整備された「おもてなしプラットフォーム」を活用することで、訪日外国人旅行者向けに更なる充実したサービス提供を目指す。

実施体制である協業コンソーシアム「EAST TOKYO FUN」では、東京都東エリア周辺(羽田空港、東京湾、隅田川、浅草周辺地域)をEAST TOKYOエリアと位置付け、訪日外国人旅行者等の受入、環境向上、回遊、消費促進・安全対策など地域産業の活性を目指しており、まずは浅草六区で取組みを開始する。

2017年2月に実施された「浅草おもてなしプロジェクト」モニターツアーを継続し、舟運を活用して羽田空港から浅草六区までの新たな動線を創出するとともに、浅草周辺地域の協力を得てエンターテインメント分野を中心に、「通信」「通貨」「言語」「認証」「体験プログラム」「観光案内」をテーマにした訪日外国人旅行者のためのストレスフリーなツアーを実施し、新たに観光の「見える化」として観光各所へのデジタルサイネージの設置を行い、さらにスマホアプリによるサービス拡充を図る予定である。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article