• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

インバウンド

7

China Commerce、ヤマダ電機とインバウンド向け国際配送業務委託契約を締結

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

アジア開発キャピタル株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:網屋 信介)の連結子会社である株式会社China Commerce(本社:東京都中央区、代表取締役社長:原田 昌紀)は、株式会社ヤマダ電機(本社:群馬県高崎市、代表取締役 会長:山田 昇)と国際配送業務に関する委託契約を締結したと発表した。

株式会社ヤマダ電機では、従来、日本の同社店舗で商品を購入する顧客からの発送依頼は、日本国内の指定住所(例えば、滞在中のホテルなど)までの配送しか受諾していなかったが、今回の契約の締結により、中国、台湾、香港の顧客については、顧客の指定する日本国外の住所までの直接配送を受諾できることになった。

株式会社China Commerceが運営する越境ECサイト「銀聯在線商城日本館」の顧客への配送ルートに、株式会社ヤマダ電機が商品購入者から依頼を受けた商品の配送を載せることによって、株式会社ヤマダ電機の顧客サービスの向上と株式会社China Commerceの物流ビジネスの拡大が同時に実現できるとして、本契約を締結した。

このサービスにより、中国、台湾、香港の顧客は、従来、自分で行ってきた煩雑な税関手続きや、中国、香港、台湾における国内配送手続きを、すべて株式会社China Commerceに委託することができる。
このサービスは、当面、ヤマダ電機新宿東館での商品購入者を対象とし、順次都内7店舗にも拡大していく予定である。

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article