• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

インバウンド

4

ビジネス民泊専門サイト「TripBiz」が、クラウド出張手配管理サービス「AI Travel」と業務提携に向け合意

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社TRIPBIZ(本社:東京都品川区、代表取締役:安田則之)と、株式会社AIトラベル(本社:東京都港区、代表取締役:村田佑介・藤原由翼)は、業務提携することで双方合意した事を発表した。

今後は、TRIPBIZ社の持つ日本国内の民泊リスティングのリソースと、AIトラベル社のAIを活用したクラウド型の出張手配サービスを掛け合わせることで、出張宿泊先の選択肢の提供と手配・管理の効率化により、すべてのビジネスパーソンに快適な出張体験を提供する。

ーーーーーーーーーーーー
以下、TRIPBIZ社より引用

■業務提携の目的と今後の予定
「すべてのビジネスパーソンに快適な出張体験を提供すること」を目的に、TRIPBIZ社とAIトラベル社は事業提携いたします。全国のビジネス向け民泊物件を掲載する「TripBiz」と、出張時の交通手段と宿泊先検索から経費処理、コスト分析までを一括管理できる「AIトラベル」が連携することで、より多くの出張宿の選択肢と出張手配や管理の効率化を提供し、出張宿泊先の選択肢の提供と、手配・管理の効率化ですべてのビジネスパーソンに快適な出張体験を提供します。
今後のスケジュールとして、2018年4月を目途に、TripBizに掲載中のビジネス向け民泊物件をAIトラベルに取り込み、宿泊先候補として検索できるようにします。AIトラベルでは現在もビジネスホテル・旅館などの宿泊物件が掲載されていますが、ここに新たに「民泊」という選択肢が加わります。

■事業提携がもたらすメリット_TripBiz
・AI Travelユーザーからの宿泊利用による稼働率UPが期待できます。
・AI Travelユーザーからのリピート利用が期待できます。

■事業提携がもたらすメリット_AI Travel
・宿泊先リスティングに「民泊」が加わることで選択肢が広がります。
・「訪日需要によるホテルの空室不足」をビジネス用民泊で解決できます。
・AI Travelユーザーの宿泊経費削減が期待できます。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy