• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

12

電通デジタル、動画ソリューションを提供するViibarと資本業務提携を締結

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

デジタル動画ソリューションを提供する株式会社Viibar(本社:東京都品川区 代表取締役社長:上坂優太)は、株式会社電通(本社:東京都港区 代表取締役社長執行役員:山本敏博)と同100%子会社の株式会社電通デジタル(本社:東京都港区 代表取締役CEO:榑谷典洋)と資本業務提携に関する契約を締結し、Viibar社が提供する動画制作管理ツールの電通グループ内での利用を促進し、効率的かつ持続可能な制作環境の構築を共同で進め、急伸するデジタル動画マーケティングのニーズに対応していく事を発表した。

近年ビジネスにおける動画活用が本格化し、企業の動画マーケティングや、メディアのデジタル動画領域への取り組みの重要性はますます高まっており、高品質な動画コンテンツを安定的に供給するための効率的かつ持続可能な制作環境の構築が急務になっている。

Viibarは、2013年の創業より「動画の世界を変える。動画で世界を変える。」のミッションの下、自社開発の動画制作管理ツールと3,000人超のプロクリエイターネットワークを活かし、約600社のデジタル動画マーケティングを支援し、市場を牽引しており、今回の資本業務提携によりViibarは、動画制作管理ツールを自社での制作以外にも開放し、最初の利用企業として電通グループに提供、共同で効率的かつ持続可能な制作環境の構築を進めていく予定となり、それぞれの顧客基盤・ノウハウを相互に活用し、両社の強みを活かした新しいデジタル動画領域のサービスの開発・運営を推進していく。

電通は、Viibarが4月に実施する第三者割当増資を引き受け、1月に株式会社電通デジタル・ホールディングスが運用する「電通デジタル投資事業有限責任組合」がViibarの第三者割当増資を引き受けているため、今回の資本業務提携は電通グループとしての追加出資となる。

Viibarは「動画の世界を変える。動画で世界を変える。」のミッションの下、コンテンツの制作環境を効率的かつ持続可能な形に変え、人がよりクリエイティブな仕事に集中できる環境をつくり、その結果として素晴らしいコンテンツが排出されていくことで、世の中を豊かにしていくことに貢献していく。

  • 0
  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy