• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

16

アニコム損保が業界初「LINE」で保険金請求が3分で可能な新サービスを開始

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

アニコム損害保険株式会社(本社:東京都新宿区 代表取締役社長:野田 真吾)は、 コミュニケーションアプリ「LINE」を活用した新しいサポートサービスを5月17日から開始した事を発表した。

第一弾として「LINE」での「保険金請求サービス」をスタートする。
ペットの診療は「少額・高頻度」が特徴的で、保険金請求にあたる手間の軽減は、契約者の利便性を高める鍵となり、業界初である今回のサービスでは、これまで保険契約者に必要であった書類の記入や郵送の負担を省き、「LINE」で素早く簡単に保険金請求ができるようになる。あわせて「LINE」ユーザーであれば誰でも利用可能な保険に関する質問に、自動で回答してくれる「お問い合わせサービス」も同時に開始となる。

​「LINE」上では、診療明細書の郵送は不要で、スマートフォンで明細書を撮影・送付し、タップで「通院/入院」や「傷病名」の選択をしたり、「診療日」や「診療費」の数字入力をするだけで済み、約3分で保険金請求が完了となる。(同サービスは、モビルス株式会社と共同開発をした。)

ーーーーーーーーーーーーーーーー
以下、アニコム損害保険社より引用

■ LINE 保険金請求サービス導入の背景
当社では「使える保険」であることをモットーに、フルカバーの補償で、最多種のどうぶつを引き受けるなど、ご契約者目線で様々なサービスを提供してまいりました。中でも、当社と提携する動物病院(対応病院※2)の窓口では、自己負担分のみをお支払いいただくだけで保険金請求手続きが完了する独自の「窓口精算システム」を確立し、利便性向上を図ってきました。(※2) どうぶつ健保対応病院 6,104病院(2017年4月末時点)

人間の健康保険と同じように利用できる利便性を多くの方にご支持いただいておりますが、当社のペット保険に対応していない動物病院で診療を受けた場合には、郵送で保険金請求(直接請求)の手続きをしていただく必要がありました。そこで今回、ご契約者の負担をさらに軽減することを目指し、国民の多数が利用している身近なアプリである「LINE」を用いた保険金請求サービスを導入することといたしました。

  • -1
  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article