• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IT

3

NTTアドバンステクノロジとディアイティ、サイバーセキュリティ分野において協業を開始

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

NTTアドバンステクノロジ株式会社(以下:NTT-AT、本社:神奈川県川崎市、代表取締役社長:木村丈治)と株式会社ディアイティ(以下:ディアイティ、本社:東京都江東区、代表取締役社長:三橋 薫)は、サイバーセキュリティ分野において協業を開始することを発表した。

セキュリティインシデントによる情報漏えい、不正アクセスや標的型攻撃などによる企業活動への影響が大きく取り上げられており、各企業や団体などにおけるセキュリティインシデントに対する対応力の強化が求められている。このような状況下で、定常的にネットワークイベントやトラフィックのモニタリングを行うことで、迅速にインシデント発生時の原因追求を行う必要性・重要性が高まってきている。NTT-ATとディアイティは、永年にわたって培ってきたネットワークセキュリティに対するノウハウを結集し、より知的で高度なセキュリティサービスを両社の協業によって提供することに合意した。

協業により、ディアイティの強みであるセキュリティ製品販売、製品開発での豊富な経験を生かした支援を基に、NTT-ATの高度な技術力によりお客様環境のセキュリティを一手に引き受けられるセキュリティプラットフォームをICT-24SOC※を通じて提供する。また、両社のフォレンジックサービスで培った知見と豊富な経験に基づく解析技術から、迅速にセキュリティインシデントへの解決策を見出し提供する。

※:ICT-24SOCNTT-ATのICT-24SOCでは、セキュリティアラートのイベント通知やレポート提供などのSOC業務(セキュリティオペレーションセンター業務)に加え、機器の稼働監視やパフォーマンス監視、保守業務などのNOC業務(ネットワークオペレーションセンター業務)、さらにインシデント発生時にお客様CSIRT組織を支援するための初動対応支援や残されたHDDを解析することで原因究明を行なうフォレンジック業務まで、ワンストップで提供する。セキュリティデバイスのログをアナリストが分析し、誤検知を排除した重大なアラートのみを知らせることで、顧客の運用負担を軽減する。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article