• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

39

クリーク・アンド・リバー社、IoT/AI事業を推進する東芝デジタルソリューションズと協業

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社クリーク・アンド・リバー社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:井川幸広)は、東芝デジタルソリューションズ株式会社(本社:神奈川県川崎市、取締役社長:錦織弘信、 以下「東芝デジタルソリューションズ」)と、東芝コミュニケーションAI「RECAIUS™(リカイアス)」を活用した製品やサービスについて、共同で事業を企画・推進する戦略的な協業関係を構築することに合意し、契約を締結したと発表した。

最初の取り組みとして、「RECAIUS™」の音声合成技術を活用した「声」のプラットフォーム 「コエステーション™」を、ゲームや電子書籍、アニメーションやTVなどのエンターテインメント分野で幅広く活用できるよう、同社が声優やタレントなどの声を収集し、3,000社以上のメディア関連などのクライアント企業での活用を働きかけていく。

「コエステーション™」は、“声を活用してもらいたい人”と“使用したいユーザー”をつなぐ、ネットワーク上の新しいプラットフォームで、今回β版が開発・リリースされ、本年中の事業化を目指している。スマートフォン(スマホ)のアプリケーション(アプリ)などで、ユーザーが指定の文章を読み上げて自分の声を登録すると、その特徴が自動的に学習され、声の分身=「コエ」を生成します。ユーザーはその「コエ」を使って、交流サイト(SNS)やゲームなどで、任意のテキストを喋らせることができる。また「コエステーション™」に登録されている声優などの好みの声を使い、ユーザーは音声コミュニケーションに幅を持たせることができる。

これによって声優などの声主は、録音では対応しきれない、ゲームキャラクターに個別プレーヤーの名前を呼ばせるといった 「コエ」の活用ができ、新たなビジネス機会の創出につながる。一方、アニメーション制作会社などの企業では、プラットフォーム上の膨大な「コエ」から最適なものをコンテンツ制作に活用できるほか、「コエステーション™」の提供する音声合成API(*)や組込みミドルウェアを使った、「コエ」を活用した新サービスを展開することも可能になる。

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy