• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

IOT

8

NTTコミュニケーションズ・NTTPCコミュニケーションズ 、「IoTセキュリティ基盤を活用した安心安全な 社会の実現に向けた実証実験」に参画

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

NTTコミュニケーションズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:庄司 哲也 、以下:NTT Com)と、株式会社NTTPCコミュニケーションズ(本社:東京都港区、代表取締役社長:田中 基夫、以下:NTTPC)は、総務省より受託した「IoTセキュリティ基盤を活用した安心安全な社会の実現に向けた実証実験」(以下:本実証実験)において、「カーモビリティ」「スマートホーム」「エデュケーション」分野における「IoTセキュリティ基盤」の有用性に関する検証をタイムズレスキュー株式会社、TOTO株式会社、小金井市立前原小学校と協業し2017年12月より開始することを発表した。

IoT(Internet of Things)が急速に普及し、これまでインターネットなどのネットワークに接続していなかった電子デバイス※1が通信機能を持ち始める一方で、サイバー攻撃は年々巧妙化し、IoTシステム全体への影響が懸念されている。

本実証実験では、IoTデバイスのマルウェア感染、そのデバイスを踏み台としたDDoS攻撃などの脅威からサービス、環境を守るため、「IoTセキュリティ基盤」を構築し、その有用性に関する検証を行う。

NTT ComおよびNTTPCが構築した「IoTセキュリティ基盤」を活用し、IoTデバイスがネットワークに接続する際の認証や暗号化、IoTデータの管理、分析、問題が生じた際の原因の特定と対策について、以下複数の分野について実証・検討を行う。

(1)カーモビリティ分野(協業:タイムズレスキュー株式会社)
コネクティッドカーモデルを想定し、自家用車に対するロードサービスを提供するタイムズレスキュー株式会社と実証実験を行う。
なお、本実証実験で用いる同社が提供するサービスは、専用通信端末を取り付けた車両から通信されるデータをもとに、利用者に故障や事故のリスクを通知することで走行中のトラブルを抑止するものである。また、オペレータが対象車両のデータをもとに最適な作業者をアサインすることで、迅速なトラブル解決を図るものである。(別紙1)

(2)スマートホーム分野(協業:TOTO株式会社)
ホームヘルスケアモデルを想定し、水まわり空間における健康管理や高齢者見守りサービスを検討しているTOTO株式会社と実証実験を行う。
なお、本実証実験で用いる同社が検討をしているサービスは、一般生活における未病状態の把握、介護を要する高齢者の状態把握を、トイレなどに搭載された各種センサから情報収集し、レポーティングすることで、健康維持等を図るものである。(別紙2)

(3)エデュケーション分野(協業:小金井市立前原小学校)
フューチャースクールモデルを想定し、全国的にICTの活用で著名な小金井市立前原小学校と実証実験を行う。
なお、本実証実験は、NTT Comが提供する学校教育の本格的なデジタル化を支援するプラットフォーム「まなびポケット※2」およびIoTデバイスを用いて、児童の学習履歴や校内の環境データを収集し、それらの因果関係を把握することで、効果的な学習環境を検証するものである。(別紙3)

今後は、本実証実験を通じて得られた知見や問題解決手法などを活かし、「IoTセキュリティ基盤」の普及に向けた課題の整理や提言を行う。

※1)電子デバイスとは、コンピュータ/ネットワークシステムに組み込まれた特定の機能を供給する装置の総称。IoT分野では、スマートデバイスのようにIPアドレスを持つ装置や通信機能を持つ機器に各種センサー機能が格納された装置を表す場合もある。

※2)まなびポケットの公式Webサイト:
http://www.ntt.com/business/services/cloud/education/edu-cloud.html?_ga=2.54553388.660254818.1500969536-380133793.1500969536

別紙1~3)
https://www.atpress.ne.jp/releases/137030/att_137030_1.pdf

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article