• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

美容・健康

6

関東地方初採用、三井情報、がん遺伝子解析サービス「OncoPrime」を千葉大学病院に提供

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

三井情報株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:齋藤 正記、)は、千葉大学医学部附属病院(所在地:千葉市中央区 病院長:山本 修一)に、がん遺伝子解析サービス「OncoPrime」が採用されたことを発表した。

千葉大学病院では「OncoPrime」を利用した「がんクリニカルシーケンス検査」を3月1日に開始した。
「OncoPrime」は日本で初めて臨床ベースで導入された網羅的がん遺伝子解析サービスで、既に国立大学附属病院の3施設で採用されている。
今回千葉大学病院の採用により、関東地方で初めて「OncoPrime」を利用することが可能となった。

「OncoPrime」を利用した検査では、200を超えるがん遺伝子を一度で解析することができる。MKIは、千葉大学病院より提供されたがん組織から抽出されたDNAの解析結果をもとに、その変異に対して効果が期待できる薬などの情報をレポートにまとめ千葉大学病院の医師に提供をする。
医師はその解析レポートに含まれる治療薬候補や国内治験情報等を、診断決定に至るまでの材料として活用することができる。

MKIでは2015年4月より「OncoPrime」の提供を開始し、現在は千葉大学病院を含む4施設の国立大学附属病院に本サービスを提供している。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article