• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

2

楽天とNBA、日本国内におけるNBAの包括的ライブ放映・配信に関するパートナーシップを発表

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)とNBA(ナショナル・バスケットボール・アソシエーション)は、複数年のパートナーシップ契約を締結し、楽天が日本国内におけるNBAの独占的な放映・配信パートナーおよびグローバルにおけるマーケティングパートナーとなったことを発表した。

本契約は、NBAにとって、日本国内における最も包括的なメディアパートナーシップである。また、楽天にとって北米スポーツリーグとの初のパートナーシップとなる。

今シーズン中に楽天は、NBAの試合をインターネットを通じて視聴できる購読型サービス「NBA LEAGUE PASS」を国内の楽天会員に限定して提供開始する。「NBA LEAGUE PASS」は、NBAの公式サイト「NBA.com」や公式アプリ「NBA App」、楽天の動画配信(VOD)サービス「Rakuten TV」のいずれかから、楽天会員IDを使って申し込むようになる。「NBA LEAGUE PASS」によりファンは、NBAのプレシーズンやレギュラーシーズン、プレイオフ、NBAオールスター、NBAカンファレンスファイナル、ファイナルに加え、その他の独自コンテンツも視聴することができる。

また、楽天は、週9試合(平日1日1試合、週末1日2試合)を視聴できる購読型パッケージサービスを「Rakuten TV」で提供する。

なお、楽天とNBAのグローバルにおけるマーケティングパートナーシップにより楽天は、インターネット・ショッピングモール「楽天市場」や米キャッシュバックサイトの「Ebates」といった国内外のEコマースサイトで、NBAの公式グッズを販売する特設ページ「NBA ZONE」や各チームのグッズを販売するページも開設できるようになる。

楽天グループのインスタント・メッセージ・プラットフォームである「Rakuten Viber」は、NBAと所属チームの「オフィシャル プラットフォーム」となり、9億を超えるユーザーにNBAのコンテンツを届けることが可能になる。

  • 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article