• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

VR

17

日本初・プログラミング教育必修の高校「コードアカデミー高等学校」とダズルが産学連携イベントを開催

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

株式会社ダズル(代表取締役CEO:山田 泰央、本社:東京都渋谷区、以下「ダズル」)は、7月26日にコードアカデミー高等学校(学校法人信学会、本校:長野県上田市)と産学連携の一環として、コードアカデミー高等学校にてイベントを開催することを発表した。本イベントでは、コードアカデミー高等学校在校生を対象にVR開発に実際に触れてもらい、ダズルがこれまでVRコンテンツ開発で培ってきたノウハウを学生へ伝えることを主旨としている。

ダズルでは、VRコンテンツをはじめとした開発技術の側面から、VR業界に貢献していくことを目的とした「Dazzle VR Tech Action」という取り組みを2017年5月より開始した。
これまで、TECH::CAMPや豊橋技術科学大学などにて講演を行い、プログラミングを学んでいる方にVR開発について知ってもらう機会を設けている。
コードアカデミー高等学校ではプログラミング教育を必修とし、全在校生が常日頃からプログラミングに触れている。将来的にエンジニアを目指す学生も多いことから、VR開発にも興味をもってもらい、VR市場の未来を担う存在になってもらえたらと考え、今回の産学連携イベントの開催を決定した。

■ダズルについて
株式会社ダズルは、VRプロダクト分析サービスである「AccessiVR(アクセシブル)」を軸にVR事業を行っている会社である。
2016年からVR領域へ本格的に参入し、2016年5月、2017年2月に合わせて3.5億円の資金調達を実施した。
VR受託開発も積極的に実施している。
これまで主軸としてきたスマートフォンゲーム開発・運営事業のさらなる拡大を図るとともに、成長の見込まれるVR市場で技術力を磨き、 「楽しい」と「便利」を創造することで世の中に価値を提供していく。

  • 2
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy
recruitment-article