• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

ブロックチェーンを正しく普及させる教育機関!『University of Blockchain and ICO』シニアアドバイザーのクリスティーナ氏にインタビュー!

  • 3
  • feedy

仮想通貨やビットコインという言葉を初めて聞くという人は少なくなっている。仮想通貨という概念は、かなり一般に浸透していると言えるだろう。
では、ブロックチェーンとなるとどうだろうか?
インターネットやITの分野に触れることが多い人はその言葉を聞いたことがあるだろうが、正しい意味や用途を理解している人は少ないだろう。

そう、何を隠そうブロックチェーンとは仮想通貨を支える技術であり、現在は仮想通貨の枠を超えて一つのインフラシステムとして様々な企業により導入が図られている。

そんなブロックチェーンを正しく理解し、その長所を活かして適切に社会へ導入していくことが、誰にとっても平等で分散型であるエコシステムを実現する上で極めて重要だと、The University of Blockchain and ICO(意訳:ブロックチェーン・ICO大学)の Kristina Sem 氏は語る。

この記事は、ブロックチェーンを正しく人々に伝え、適切に社会で使われることを目指す UBAI(The University of Blockchain and ICO)への取材記事である。
今回は、シニアコンサルタントの Kristina Sem 氏へインタビューを行なった。

ブロックチェーンとはそもそもどういうものなのか?

UBAIはブロックチェーンを教える教育機関であるが、そもそも教育を行うほどの分野であるブロックチェーンとは、改めてどういうものなのか?まずはブロックチェーンそのものと、業界が抱える課題についてクリスティーナさんに聞いた。

UBAIのクリスティーナさん

クリスティーナさん:
ブロックチェーンとは、ビットコインやイーサリアム等の暗号通貨に使われている技術ですが、データを分散的に保存することができるネットワークだと表現して良いでしょう。これによって何が起こるかというと、誰も管理せず人を介さずとも、決済システムが成り立ったり、不動産や株式といったものの売買システムが成り立ちます。ブロックチェーン上でアプリケーションを構築すれば、あらゆるインターネット上のサービスがトラストレスで実行できるようになります。つまり、仲介者がいらないということですね。ビットコインはこのブロックチェーンの特徴を使って、通貨というものを自律的に実現しているサービスだと言えます。

こうした斬新なシステムであるが故、特に若者やスタートアップを中心とした多くの人々がブロックチェーン業界に参入し、投資対象としても多額のお金が集まっています。しかし、そうして業界が急成長を見せる中、本当にブロックチェーンのことを正しく理解している投資家や起業家がどのくらいいるのか、或いは投機ではなくブロックチェーンを正しく社会に普及させようと考えている業界人たちがどのくらいいるのかは不明です。
つまり、ブロックチェーンが正しく普及することを考える上では、そこに関心のある人たちへの良質な教育が重要となるのです。そこで私たちはUBAI(The University of Blockchain and ICO)を立ち上げました。

自社の社員を育てることが大学設立へと繋がった

記者:なるほど。方々から注目を浴びるブロックチェーン業界ですが、ここから正しく成長するには教育が不可欠ということですね。しかし、具体的にどのような経緯で学校設立へと至ったのでしょうか?

クリスティーナさん:
私はUBAIでシニアコンサルタントを務めていますが、Platinum Listing社のIR部署でディレクターも務めています。Platinum Listing社とは、暗号通貨のコンサルティング会社なのですが、実はUBAIはPlatinum Listing社から始まったプロジェクトです。
Platinum Listing社は2017年7月に設立され、現在で1年3ヵ月を迎えますが、僅か半年足らずで従業員は100名を超える企業へと成長しました。しかし、仮想通貨やブロックチェーンというのは当然新しい分野ですので、従業員が皆深く理解できているとは限らず、私たちは彼らへの教育の必要性を感じたのです。そこで、従業員への研修を始めていったのですが、同じようにブロックチェーンを学びたいと考えている人たちが世界にはたくさんいることに気付きました。仮想通貨のコミュニティは世界中にありますからね。そこで私たちは、教育事業をグローバルに行おうと考え、UBAIを立ち上げたのです。

記者:社内での必要性に直面して教育事業を始めたところ、これが世界でも求められているということに気付き、学校を設立するに至ったのですね。具体的にUBAIは今どのようなステージにあるのですか?

オンライン授業を基本とし、対面授業も実施

クリスティーナさん:
UBAIはまずオンラインスクールとして、10月1日から全世界でスタートしています。
コースはBASICとINTERMEDIATEに分かれており、各コースの中に10のレッスンがあります。各レッスンはテスト制となっており、テストを受からなければ次のレッスンへと進めません。こうしてUBAIでは、生徒が各レッスンを進むことで一定の課題をクリアしたという認定証が与えられます。それぞれのレッスンは多彩なカリキュラムから組まれており、とても奥が深く、勉強を怠るとテストを受かるのは難しいでしょう。
東京では、グループレッスンも行なっています。こちらはテストや認定とは関係なく、純粋にブロックチェーンの知識を得るための対面式授業です。また、短期間で知識を得たいという人に向けたショートコースもあります。

University of Blockchain and ICO のベーシックコース

University of Blockchain and ICO のベーシックコース

UBAIのベーシックコース一例。ベーシックコースには、このようなレッスンが10存在する。

University of Blockchain and ICO のベーシックコースLesson1のカリキュラム

レッスン1のカリキュラムはこの通り。初回のレッスンでもこれだけの章に分かれており、専門性の高さを感じる。

キャリアセンターを完備し卒業生の就職を支援

University of Blockchain and ICO のキャリアセンター

クリスティーナさん:
UBAIはカリキュラムを提供するだけでなく、卒業生の就職を支援するためのキャリアセンターも備えています。こちらは、Platinum Listing社を含めた私たちのブロックチェーン業界に対する幅広い繋がりを活用して、取引所や暗号通貨プロジェクトに卒業生を繋げます。
生徒はINTERMEDIATEコースを卒業することでキャリアセンターに登録するライセンスが得られ、就職の斡旋を受けることができます。企業はUBAI内での各科目に対して、生徒がどういう成績を収めたかを全て確認することができるので、求める人材にリーチできる確率が格段に上がります。生徒はUBAIでブロックチェーンを学べるだけでなく、世界中の企業に就職することができ、企業は不足しているブロックチェーン専門家を補うことができるので、まさにWin-Winの関係が構築できます。

記者:なるほど。UBAIはブロックチェーンの学びを提供するだけでなく、就職の斡旋も行うのですね。
UBAIは新しく始動した教育機関ですが、将来はどのような学校へと育てたいのですか?

実際の学校設立を検討

クリスティーナさん:
現在UBAIはオンラインを主とした学校ですが、将来は実際の学校を作りたいと考えています。現在東京では対面式のグループレッスンも行なっていますが、ブロックチェーンやITそのものの需要は今後も右肩上がりとなることが予想され、その道に精通した専門家やエンジニアの需要は益々増すでしょう。UBAIでは社会のニーズに応える教育の受け皿となれるように、講師と生徒が対面し学ぶことができる実際の学校を作りたいと考えています。

記者:とても有意義な構想ですね。その頃にはUBAIのカリキュラムや講師の厚みもさらに増していることと思います。
クリスティーナさんご自身は、ブロックチェーン技術やこの業界についてどのようにお考えですか?

ブロックチェーンは人々を束ね、未来を変える

クリスティーナさん:
私はPlatinum Listing社のIR部署に就いてから、ブロックチェーンに関わり始めたのですが、投資家様を相手にした対外的なコミュニケーションを担う役割であったため、世界中を回りながら関係者の方々と会っていました。そこで感じたのは、ブロックチェーンは世界共通であり、人々を束ねるものだということです。仕事という意味でも、世界中どこでも行うことができますし、各地の様々なコミュニティがブロックチェーンを通じてより良い社会の構築へ向けて励んでいます。
ブロックチェーンがうまく機能すれば仲介者がいらなくなる、つまり家を買う際にブローカーに支払う手数料が不要になったり、銀行を介さずに瞬時に低コストで送金ができるようになります。このようなシステムは、多くの人々に恩恵を与えると思います。
ですから私は、ITに精通した人だけでなく、主婦や学生、タクシードライバーといった方々にも是非ブロックチェーンを知ってもらいたいと思います。UBAIはそういった方々にも役立つ教育機関になれればと思っています。
ブロックチェーンは多くの人々の生活を変える、まさに未来だと思っています。

記者:なるほど。業界の正しい発展のためにも、多くの人にブロックチェーンの可能性を知ってもらわらなければならないという意味では、UBAIの役割が益々重要になりますね!

インタビューを終えて

いかがだっただろうか。VentureTimesとしても、ブロックチェーンの教育機関を取材できたのは今回が初めてだった。
Platinum Listing社は1年以上の歴史があり、これは実はブロックチェーンのコンサルティング会社としては長い部類になる。そんな同社から派生したUBAIは、企業や生徒の様々なニーズをくみ取り、充実した教育を提供してくれることは間違いないだろう。
UBAIは東京の千代田区にもオフィスを構えており、グループレッスンを開催する等日本での展開に力を注いでいる。また、10月13日に埼玉スーパーアリーナで開催される World Blockchain Festival 2018 には、元閣僚である竹中平蔵氏らに並んでUBAI共同設立者のDan Khomenko氏がスピーチを行う。興味のある方は足を運んでみてはいかがだろうか。

UBAI共同設立者の Dan Khomenko氏

UBAI共同設立者である Dan Khomenko氏

ブロックチェーン業界にようやく現れた良質な教育期間。University of Blockchain and ICO の発展と業界の正しい成長を是非見守りたい。

インタビュー・執筆
ルンドクヴィスト ダン