• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

韓国最大の外国為替銀行がブロックチェーン関連特許を46件提出

  • feedy

韓国最大の外国為替銀行である韓国外換銀行(KEB Hana Bank)は、ブロックチェーンに関連するビジネスモデルについて46件の特許申請を行ったと発表した。ビジネス技術ニュースサイトZDNetが2月13日の発表による。

韓国最大の外国為替銀行がブロックチェーン関連特許を46件提出

 

韓国最大の銀行持株会社の1つであるHana Financial Group(HFG)の一部であるKEB Hana Bankは、46の特許出願を完了している。特許の内容は海外の製品の購入、電子契約およびブロックチェーンを用いたデジタル資産の提供のための方法やシステムに関するものだ。

報告では、出願された特許のいくつかが現在開発中であることを強調している。

さらに、KEB Hana Bankは、IOUの発行を可能にするブロックチェーン技術に基づくインターネットバンキングサービスに取り組んでいる。KEB Hana Bankの副社長、Han Jun-Seongは次のように述べた。

「特許出願は、ブロックチェーン技術を銀行業務に適用することだけを目的としたものではありません[システム]。 新しいビジネスモデルと銀行の内部システムをブロックチェーンでつなぐことが重要です。」

多数の銀行がブロックチェーン関連の特許を申請

銀行機関は、最も重要な数のブロックチェーン特許を申請している企業一種である。アメリカで2番目に大きい銀行であるバンクオブアメリカ(BoA)は、2018年秋までに50を超える申請によって、非公式にブロックチェーン関連特許の取得レースをリードしていた。

2月上旬、CointelegraphはTD Bankが実施した調査で、分散型台帳テクノロジーとブロックチェーンが金融業界に好影響を与えると考えていることを明らかにした。

参照元:Cointelegraph
記事執筆
塚田愼一

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。