• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

14

ロシア下院は仮想通貨規制を見直し、石油に基づいた仮想通貨を開発中

  • 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加 0
  • feedy

ロシア下院(ロシア連邦議会の下院)は3月に新しい暗号通貨規制を見直し、採用する予定だ。 元エネルギー省大臣であるIgor Yusufov氏も石油に裏付けされた仮想通貨を提案していると報じられた。

元エネルギー省大臣であるIgor Yusufov氏はエネルギー市場に仮想通貨のシステムを導入することは様々なコストを削減する繋がる、とコメントした。また、このシステムがもたらすことができる利点として、両替手数料の節約と貿易規制の緩和を挙げている。

ロシアも含まれる石油輸出国機構、OPEC+も石油に裏付けられた仮想通貨システムで大きな恩恵を受けるだろう、と報じられている。

理由としては、仮想通貨プラットフォームが金融と貿易の制限を回避することができる点があげられる。加えて、
Yusufov氏はブロックチェーンによって追加費用なしで、すべての石油のバレルを追跡および検証が可能だと説明した。

ロシア連邦証券委員会の元委員長、イゴール・コスティコフ氏は、石油とガスだけでなく、他の資源に関してもこのシステムを活用できるだろうと語った。

その上で彼は以下のように結論づけた。

もしかしたら石油に裏付けされた仮想通貨は先進的な取り組みになるかもしれない。この仮想通貨は市場全体にとって信頼できる構造を作り出すだろう。

参照元:Cointelegraph

記事執筆
塚田愼一

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。