• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

日本初 0x Protocolを使ったNFTマーケットプレイスをBlockBaseが公開

  • feedy

ブロックチェーン技術の導入コンサルティングを行うBlockBase株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役 : 真木 大樹)は、分散型取引の主要なオープンプロトコルである「0x Protocol」(ゼロエックスプロコル : https://0x.org/)を使用したNFT(Non-Fungible Token、※1)のマッチングプラットフォーム”bazaaar”(https://bazaaar.io)をリニューアルオープンする。

※1 NFT(Non-Fungible Token):互いに代替することができない独自性を備えたトークンのこと。

背景と目的

BlockBaseはブロックチェーンの特性を活かした活用方法として、NFT(Non-Fungible Token)が重要なテーマであると捉えており、2019年1月に取り組みを開始した当初から、必要な技術の深掘り、及びNFTへ適用されるコンテンツ等の検討を続けてきた。
技術検討の過程で0x Protocolは幾多ある分散型取引の形態においても、注文情報の分散化など優れた特徴を持ち、且つ、その技術面での活用は今後課題が顕在化するであろうNFTの流動性についても、解決の道筋の一つとなる可能性があると考えている。

概要

この度の取り組みでは、2019年1月に公開した弊社サービス、NFTのマッチングプラットフォーム bazaaar(https://bazaaar.io/)のマッチングシステムを、0x Protocolの正式な技術的サポートを受けることで再構築した。

DEXの特徴である分散型取引のプロトコルを使用することで、非中央集権化を実現すると共に、流通するNFTの流動性の向上を目的としたリレイヤー(※2)を通じたオーダー情報の共有を進めていくと言う。

また、0x Protcolに標準的に搭載されている機能に磨きをかけ、法令上の論点整理やユーザーエクスペリエンス(UX)を考慮し、下記2つの独自拡張コントラクトを開発した。

・Passer Contract (パサーコントラクト)
・Distributor Contract (ディストリビューターコントラクト)

※2 リレイヤー:中継者の意味。0x Protocol 上のノードであり、注文情報の管理をオフチェーンで行う。

独自拡張コントラクト2種の特徴

・Passer Contract(パサーコントラクト)
Passer Contractはこれまでの0xProtocolで実現出来なかった、takerのETH払い且つmakerのETH受け取りが可能になる。0xProtocolでETHからWETHに変換する必要がなくなり、法令上の論点整理が可能だ。

・Distributor Contract(ディストリビューターコントラクト)
Distributor Contractはこれまでの0xProtocolで実現出来なかった、手数料のETH払いが可能になる。さらに手数料の分配ロジックにより各アドレスに手数料の分配が出来るようにになる。これにより、NFTを提供しているデベロッパー、クリエイターなどへの利益の還元も可能だと言う。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。