• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

INDETAIL、ドイツで開催される「IFA2019」に出展。ブロックチェーン事業モデルで、J-Startup企業など20社に選出

  • feedy

株式会社INDETAIL(本社:北海道札幌市、代表取締役:坪井 大輔、以下「INDETAIL」)は、2019年9月6日(金)~9月11日(水)まで、ドイツ・ベルリンにて行われるコンシューマーエレクトロニクス展「IFA2019」において、世界各国のスタートアップや最先端のIT企業などが集まる特設エリア「IFA NEXT」に、「ジャパン・パビリオン」の1社として出展する。

IFA2019

「IFA」は、世界の新製品がデビューするグローバルなエレクトロニクスショーです。初開催の1924年から90年以上続く歴史あるイベントである。昨年のIFA2018では総展示面積が161,200㎡へ拡張され、ビジター総数は24万5,000人、また会期中の取引額はおよそ6,200億円に上るなど、圧倒的なイベント規模を誇る(※1)。

その「IFA」の中で、イノベーションが集結するエリアとして「IFA NEXT」がある。「IFA NEXT」は2017年にスタートしたが、翌年の2018年には倍の規模で開催され、さらなる成長を続けている。

IFA2019 日本語サイト
https://www.phileweb.com/ifa/
※1 IFA2018の統計数値は、IFA2019 日本語サイトより参照

IFA史上初、IFA NEXTのパートナー国に日本が決定

90年以上の歴史がある「IFA」において、今年2019年、「IFA」史上初めてパートナー国制度が「IFA NEXT」に設けられ、日本はその初めてのパートナー国となった(2019年5月7日、経済産業省ニュースリリース)(※2)。「IFA」の中でも、「IFA NEXT」はイノベーションに特化したエリアであり、各国のスタートアップや研究・開発機関、最先端のIT企業などが集結。今回パートナー国となった日本は、経済産業省が「IFA NEXT」内に「ジャパン・パビリオン」を設け、国内から選出されたJ-Startup企業を始めとする20社が出展。その20社のうちの1社として、INDETAILも出展することが決定した。

※2 ドイツのコンシューマーエレクトロニクス展と初めてのパートナーシップを締結した (METI/経済産業省)
https://www.meti.go.jp/press/2019/05/20190507001/20190507001.html

INDETAILが選ばれた理由

INDETAILでは、ブロックチェーンとIoTでエコシステムを構築する独自の事業モデルをもとに、日本および世界に向けて積極的にオープンイノベーションを進めている。その一環として、2019年6月にはオランダ・アムステルダムで開催された「Blockchain Expo Europe 2019」に出展。このヨーロッパ最大規模のブロックチェーンイベントでは、「ブロックチェーン × EVスタンド」や「ブロックチェーン × TVデバイス」のエコシステムに関する展示を実施した。これらのモデルのビジネス可能性や世界展開への姿勢が評価され、この度の「ジャパン・パビリオン」に出展する20社に選出されることとなった。

「IFA NEXT」の出展を機に、INDETAILは国内外でのオープンイノベーションをさらに加速させ、協力企業とタッグを組みながら、これからも「Upgrade the World!」のビジョンのもと、新規事業の創出、および事業の拡大に努めていくと言う。

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。