• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

独自ブロックチェーン技術『GLS』開発の株式会社アーリーワークスが、総額7千万円の資金調達を実施

  • 0
  • feedy

独自ブロックチェーン技術Grid Ledger System『GLS』を開発する株式会社アーリーワークス(本社:東京都中央区日本橋、代表取締役:小林聖、以下当社)はこの度、井上瑞樹(Kudan株式会社:取締役社長)、齊藤友紀(株式会社メルカリ:社長室 兼 コーポレートリーガルマネージャー)他、複数の個人投資家を引受先とする総額7千万円の第三者割当増資を実施した。

次世代型ブロックチェーン

一部中央集権的な発想を取り入れながら独自の技術で解決し、スピードとセキュリティの両立、また大きな課題であったファイナリティについても課題解消し、一つ一つのトランザクションがしっかり確定していくブロックチェーンを実現した。

中央集権技術と分散技術を細かい粒度で分解・解釈し、それらのパーツを宮大工のように技術力で融合させたハイブリッドブロックチェーンシステムが我々の“Grid Ledger System”である。フルスクラッチでコンセンサスアルゴリズムもゼロから見直し開発しており、既存のブロックチェーンの技術的な常識からは良い意味でかけ離れてしまった『次世代型ブロックチェーン』となっている。

GLSは、新しい時代のインフラ技術として、お客様の大切なデータを守り、ソリューション進化を加速させ、ビジネスをスケールアップさせていくこと、それが使命だと言う。