• icon-facebook
  • icon-twitter
  • icon-feedly

仮想通貨の会計が誰でもシンプルに!『Gtax』法人・個人事業主版リリース

  • feedy

株式会社Aerial Partners(東京都港区、代表取締役 沼澤 健人。以下「当社」)は仮想通貨のクラウド会計ソフト『Gtax法人・個人事業主版』を提供開始した。
法人や個人事業主における暗号資産(仮想通貨)のビジネス利用時に発生する、損益計算や伝票起票等のバックオフィス業務を大幅に効率化し、ブロックチェーン領域におけるイノベーションの創出に集中できる環境を整えていくと言う。

『Gtax』とは

仮想通貨のクラウド会計ソフト『Gtax』は、仮想通貨会計のバックオフィスを効率化することで、価値ある仕事に集中できる環境を創り出す。

Gtaxに暗号資産(仮想通貨)取引のデータを取り込むだけで、簡単に主要会計ソフトに対応した仕訳データを作成。仮想通貨に関する決算業務を大幅に早期化、効率化をサポート。

こうした会計・税務をシンプルにする基盤としての役割をGtaxが担うことにより、ブロックチェーン領域の企業のプロジェクトを加速させることに加え、ブロックチェーン領域における企業の新規参入にあたっての障壁を取り除き、業界の発展に寄与する。

▷サービス詳細 https://crypto-city.net/corporate

リリースの背景

これまでGtaxは、70以上の税理士事務所・税理士法人への導入で専門家に選ばれている暗号資産(仮想通貨)の損益計算ソフトとして個人投資家の確定申告をサポートしてきたが、イノベーションに伴い、事業会社や個人事業主が事業の一環として暗号資産(仮想通貨)を利用するケースが増加している。

その一方で、事業活動に暗号資産(仮想通貨)を利用する際には、取引ごとに複雑な損益計算を行い、(法人の場合は)期末時価評価プロセスを経て仕訳起票を行う必要があるため、経理のバックオフィスの負担が急増してしまい、本業におけるイノベーションに集中できないという課題があった。

また、暗号資産(仮想通貨)をめぐる会計や税務のルールは整備が進んできているものの、まだ定まっていない論点も多い上、日進月歩で加速する技術進歩にあわせて制度も変わっていく。こうした新たな領域のルールに沿って暗号資産(仮想通貨)の会計処理を正しく行うことは、企業にとって大きな負担となっている。

Gtax法人版は、そうしたニーズにあわせて暗号資産(仮想通貨)の会計をシンプルにするための機能を提供する月額制のサービスである。今後も、法人向けの新規機能を充実させていくと言う。

 

免責事項

当サイトに掲載されている情報は、プロジェクトの概要をご理解いただくことを目的として、細心の注意を払って掲載しておりますが、その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではありません。

当サイトに掲載されている情報のうち、法令について記載したものがありますが、当サイトは、利用者に対し、法的助言を提供するものではなく、また、弁護士資格を有する者が執筆・監修したものではありません。その正確性、完全性、有用性、安全性等について、一切保証するものではなく、法的事項については、弁護士資格を有する方に御相談ください。

当サイトに掲載されている情報は、いかなる情報も投資活動の勧誘や特定のプロジェクトへの投資の推奨等を目的としたものではありません。

投資等に関する最終ご判断は、読者様ご自身の責任において行われるようお願いいたします。

なお、本情報を参考・利用して行った投資等の一切の取引の結果につきましては、当社では一切責任を負いません。

当サイトに掲載されている情報のうち、過去または現在の事実以外のものについては、執筆時点で入手可能な情報に基づいた当社の判断による将来の見通しであり、様々なリスクや不確定要素を含んでおります。

つきましては、実際に公表される業績等はこれら様々な要因によって変動する可能性があることをご承知おきください。